毎日が日曜日

オランダから日本にもどってきました。新しい生活のはじまり。何か面白いことは起こるかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アントワープのワッフル

土曜日はアントワープに行ってきました。
体調はまだまだなんですが、実は我が家は帰国が決まりまして、オランダにいられるのもあと1ヶ月。うう~残念。もっと行きたいところ、したいことがたくさんあるのに。

なので、時間が惜しい。おでかけしなくてはもったいない、とレッツラゴー!と出かけたのです。
ベルギーに行くと必ず食べるのがワッフル。
アンワープのワッフルはブリュッセルのとは形が違います。
080222waffl1.JPG

ブリュッセルのは四角くて少し固め。生地自体はあまり甘くなくて、後から粉砂糖をたっぷりかけてくれます。アントワープのはふっくら甘い、やさしい味。粉砂糖はかけていません。
かけていないほうが、子どもがベタベタにならないので、私はいいな。
多分、日本で多く売られているのがこのアントワープタイプでしょう。

ワッフルの生地は、液体ではなくこんな塊。オランダのワッフルでも同じような生地を使います。これを焼き型に乗せて、むぎゅ~っと押して焼きます。
080222waffl3.JPG

焼きあがったワッフルは注文すると温めなおしてくれました。
080222waffl2.JPG


夕ごはん
080222zentai.JPG

*ラムの赤ワイン煮こみ
080222ram.JPG

これは思っていたよりずっと、美味しく出来ました。
圧力鍋にサラダ油をひいて、スライスした玉ねぎを炒め、塩を振って小麦粉をまぶしたラムを炒めます。
赤ワインボトル半分を入れて、圧力をかけて10分。
おもりが下がったらふたを開けて少し煮詰めます。ケチャップ大さじ1を加え、塩コショウで味を整えます。

ちょっと塩辛くなってしまたので、別に茹でたジャガイモを添えました。潰しながら食べてね。

赤ワイン、開けたらマズかったものがあったので、その再利用のつもりで作ったら大成功♪
ラムもおいしいです。夫はラムが肉の中で一番好きなんだそうです。(<肉なら何でも好きなんじゃないの?)

*チーズときゅうり

*マッシュルームとキャベツ炒め

*赤と黄色のパプリカのマリネ

*パンどっさり ガーリックバター

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓


スポンサーサイト
  1. 2008/02/25(月) 05:40:53|
  2. 各国のワッフル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ベルギーのワッフルと美術展

今日は近くの外国ベルギーのブリュッセルに行ってきました。
ベルギーといえばワッフルが有名ですよね。
ブリュッセルのワッフルはこんなのです。
071124waffle

街に屋台がたくさん出ていて美味しそうなにおいをさせています。においにつられて、娘がたまらなくなったので買ってあげました。
甘さは控えめ。ハチミツ風味で外側がカリッと、中がふんわりです。粉砂糖をたっぷりかけるのがオランダで食べるベルギーワッフルですが、ここの屋台は砂糖無しでした。
そのほうが、子ども達の手や顔、そして服がべとべとにならなくて母としてはいいです。

一口にベルギーのワッフルと言っても、二種類あるようです。ブリュッセルの甘味を抑えた四角い形。南部のリエージュ名物のは丸形で、ざらめのようなお砂糖がはいっているそうです。


071124_4




ブリュッセルに行ったのは王立美術館で開催している「ルーベンス展」を見るため。
日本人がたくさん来るんですね~。建物の外に日本語表示!
071124_1

中国語表示も!
071124_2

ルーベンス作とされてるものには、ルーベンス本人の作とルーベンス工房の作とがあることはよく知られていますが、今回の展示ではその両方が展示されていて、大変興味深いものでした。
左がルーベンス本人作、右が工房作。
071124_3

写真を撮ってはいけないのでした。注意を受けました。ゴメンなさい。)
この他にも、注文主に見せるため、ルーベンス本人が小さな絵を描き、それを元に工房で大きな絵を制作したものが展示されていました。
現代でも、デザイナーがクライアントにラフを見せ、確認後、本番を作るというのと同じですね。


  1. 2007/11/25(日) 06:08:51|
  2. 各国のワッフル
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

おいしい♪オランダのワッフル

この方の記事でワッフルにはアメリカのとベルギーのと、オランダのがある、と。
オランダのワッフルは、日本よく見るのとはちょっと違います。
ストロープワッフル(stroopwafel)です。ストロープとは糖蜜の意味だそうですが、糖蜜って何?まあ、キャラメルといっていいでしょうね。
直径8cmくらいのビスケットの間に挟んであります。
ベルギーワッフルとはちがって、フワフワではありません。持ってみると意外にずっしりしています。キャラメルを含んだビスケットがちょっとしっとりしてるかな。
071019wafel

この写真のはスーパマーケットで買ったものですけど、
街のスタンドなんかでは、
「ひとつちょうだい」と言うと
「ほい」と二つのワッフルの間に、たら~りとキャラメルをぬってくれます。ナッツの香りがすることも。食べると間にはさまったキャラメルがビローンと伸びておいしい。
熱くて濃いコーヒーとよく合います。
オランダは寒いですから、こういうしっかりした食べ物がうれしいんです。
オランダ流の食べ方は、熱いコーヒーカップの上にストロープワッフルをのせて、ちょっと温めて蜜をとろーりとさせて食べるのだとか。
この他に、小さくてかわいいタイプもよく売っています。

今日の夕ご飯
071019zentai

*アジのソテー、トマトソース
071019_4

アジは二枚おろしにして、塩を振り小麦粉をつけてオリーブオイルでソテーしました。
トマトの旬が終わったのに、しつこくトマトを使っているのはスーパーマーケットの今週の特売だから(笑)。
別のフライパンにみじん切りにしたニンニクとオリーブオイル、塩を熱し、8mmくらいの各切りにしたトマトを加えます(皮なんか気にしません)。ふたをして少し煮ます。
アジが焼けたら、お皿にソースを敷いてから、魚を乗せます。オリーブオイル少々をかけ、黒胡椒をがりがりとひいて、いただきます。
ソースを下にしたのは、アジの皮のぱりっとしたところを味わいたかったから。後で、ソースも合わせて二度美味しいです。

*白菜と茶色のマッシュルームの粉チーズ煮
*ほうれん草とレタスのサラダ(マヨネーズとレモン汁、塩のドレッシング)
*じゃがいもとニンジンのスープ

今日のお弁当は・・・上の娘のもの。下の娘は今日から秋休みなんです。
中高生の男子用みたいになりました。
071019bento

生鮭を醤油、みりんに漬けておいたものを、フライパンで焼きました。醤油のこげる香りが食欲をそそります~。
これを作っていると、パパも下の娘も「いいなあー、いいなあー」と。
帰ってきて、上の娘も「今日のお弁当おいしかった!」。
うちの人たちは見た目より内容本位。


レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓

  1. 2007/10/19(金) 20:51:59|
  2. 各国のワッフル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。