毎日が日曜日

オランダから日本にもどってきました。新しい生活のはじまり。何か面白いことは起こるかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

布 大好き♪

先日旅行したフランスでプロバンス地方の布製品をいろいろ買ってきました♪
テーブルクロスに、パンケース、子供たちのスカート・・・
この鮮やかな色大好き。
080313nuno.JPG

やっぱりフランスっていいなあ。プロバンスも旅行したかった~。

でも、オランダにも美しい色の布が名産のところがあるんです。
これはヒンデローペンの布。ヒンデローペンというのはオランダの北部の街。プロバンスとは随分離れていますが、なんとなくプロバンスのに似ていません?
ヨーロッパは地続き。影響しあっているのかもしれません。
080316nuno

ヒンデローペンというと、こういうトールペイントで有名です(こんなキレイな街ですclick☆)
こういうのもまたかわいい。
080316hinde.JPG



今日は焼き肉!
お肉好きの上の娘が朝からニヤニヤして、「今日は焼肉でしょ」というくらい楽しみにしていました。欠食児童なみね・・・・
080316zentai.JPG

*牛肉、ズッキーニ、玉ねぎ、パプリカ、カボチャ、お餅。
引っ越しにそなえて、もう炊飯器を売ってしまったので、今日はご飯はありません。そのかわり、お正月の残りの切り餅を焼きました。お友達からおいしいと聞いていたので。ホットプレートでお餅、いいですね~。海苔で巻いて食べました。
ご飯が炊けないので、明日の下の娘のお弁当はサンドウィッチね。
夫に、サンドウィッチのお弁当にする?と聞いたら、いらないって。彼はサンドウィッチを食事と思っていないんですよね。
下の娘はあと二日学校に行く予定です。その間に私はせっせと引っ越し。そのあと少しホテルに泊まって、残務処理をしたあとに日本に帰国。オランダ生活が終わりなんて信じられないなあ。


明日引っ越しやさんがきて荷物を出し、PCが使えなくなりますので、しばらくブログをお休みします。
今までご訪問くださった皆さま、コメントくださった皆さまありがとうございました。
次回は日本で更新予定です。
日本に帰ったらまず、電話とインターネットつながなくちゃ!
下の娘は小学校に入学するし、上の娘は4年生。ちょっとづつ大人になる年頃です。オランダ生活を良い思い出にして価値観豊かな人になってほしいな。


レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓


スポンサーサイト

テーマ:ごはん日記(写真付き) - ジャンル:日記

  1. 2008/03/17(月) 05:24:52|
  2. フランス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コート・ダジュールに行ってきました

駆け足でフランスのコート・ダジュールに旅行してきました。

sニースサラダ2.JPG

これはニース風サラダ、奥に見えるのがサン・ポール風サラダ
ニース風サラダにはツナ、アンチョビが乗っています。
サン・ポール風サラダにはチーズとトースト。

[コート・ダジュールに行ってきました]の続きを読む
  1. 2008/03/11(火) 19:07:23|
  2. フランス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おいしいコンフィチュールとパステルカラーの村

先日アルザス地方に行った時、コンフィチュール(フランス語でジャムのこと)を買ってきました。
CHRISTINE FERBER(クリスティーヌ・フェルベール)さんのものが有名だと聞き、行ってみました。
071210confitures

うれしくなってこんなに買っちゃった。

071224confi

早速開けたのはピノ・ノワール(赤ワイン)のジャム(やっぱり?)
これは繊細な味わいで、パンにつけるより、ヨーグルトに入れるか、むしろそのままペロリと食べたい。う~ん、しあわせ~


ジャムのお店は、Niedermorschwihr(ニーデルモルシュヴィル)といういくら聞いても憶えられない名前の村にあります。
s nieder_3

ここは、このお店がなければ、何にもないごくありふれた村なのですが、こんなに美しいのです。
どの家もパステルカラーに塗られていて、かわいい。

01201nieu

家の色はどうやって決めるんでしょうね。
そこの家のお父さんが
「オレはピンクが好きだから、ピンクにするぞ。だってラブリーだからね」とか言って塗るのかな。
通り過ぎるどの村もみんなかわいい色合い。こんな村で育ったら、かわいい子ができるかもね。
また、どの家も古びておらず、きれいに整えられてありました。それだけ豊かな地域なんでしょうね。



  1. 2007/12/25(火) 18:31:47|
  2. フランス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

牛肉100%

牛肉100%といっても、いま話題の偽装ミートのことではありません。
フランスのお子様ランチのこと。
今週末、フランスのリールLilleという町に出かけてきました。リールはオランダから一番近いフランス。充分日帰り圏内ですが、ゆっくりしたかったので、一晩泊まってきました。だって、ホラおいしい夕食を食べたいじゃない?

070811humbyug


そこで頼んだ子供メニューは「Steak haché」。出てきてみるとハンバーグです。
でもステーキというくらいで、ウエイターギャルソンは「ミディアム?ウェルダン?」と焼き加減を聞きます。「ミディアム」と注文すると中はほんのり赤い焼き加減です。
そして、ハンバーグのくせに、玉ねぎもパン粉も入っていないんです。ビーフ100%!!子供なのに~。そしてこれが美味しいの。フランスは子供でもグルメなんですね~(肉食文化とも言う)。
あんまりおいしいものばかりなので、夫に、「もうこれは次はフランスに住むしかないね!」と言っていますが、私達の食欲では、すぐにメタボくん、メタボちゃんになること、必至。よくないかもしれません。


さて、おいしいものをたらふく食べて、昼食後「さあ帰ろう」と。高速道路に乗ったら、車が警報を発します。「タイヤの空気圧が低い」。
あわてて次の出口で降りると、右後ろのタイヤがみごとに破裂(バースト)。
実は数週間前にも右前のタイヤがパンクしたんです。その時の体験上、この車に装備してある工具ではタイヤをはずせない、ということを知っていたので、すぐJAFのようなところに電話してタイヤを交換してもらいました。

帰り道は、予備タイヤで200km走れるのか、それよりもまた、別のタイヤがバーストするのではないかとヒヤヒヤものでした。

なんとか無事に帰り着いての夕ご飯。

070812yuusyoku

夫がめずらしく「お肉は沢山食べたから、今夜はもいいよ」というので、パスタ(リングイネ)。にんにく、玉ねぎとマッシュルームの入ったトマトソース。
オランダのチーズ
きゅうりとわかめの酢の物
ズッキーニのアンチョビ炒め
でした。

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓

  1. 2007/08/13(月) 03:51:03|
  2. フランス
  3. | トラックバック:0

花の都パリ!

パリはマロニエの花が満開でした(いえ、オランダも満開なんですけどね)。

朝ロッテルダムを発って、クルマで一路パリへ。お昼ご飯はパリで食べられます。

セーヌ川のほとりを散歩すると、パリジェンヌがひとり川面を眺めていました。
070428paris1


ベルサイユ宮殿にも、行ってみました。
ドイツのミュンヘンにある宮殿も見て、その豪華さにも驚いたけれども、やはりこちらは豪華ながら洗練されている。
こんな宮殿を建ててしまったフランス人はすごいですね。
070428paris2


エッフェル塔のてっぺんから。
070428paris4


070428paris3


  1. 2007/05/01(火) 22:06:36|
  2. フランス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。