毎日が日曜日

オランダから日本にもどってきました。新しい生活のはじまり。何か面白いことは起こるかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スペイン旅行 その2

泊まったのはセビリアでしたが、電車で近郊の町ヘレス・デ・ラ・フロンテーラまで足を伸ばしました。
お目当てはシェリー酒の工場(ボテーガ)のゴンザレス&ピアス。ティオ・ペペというシェリー酒のブランドです。
sシェリー樽.JPG

シェリー酒もぶどうから作るのですが、ヴィンテージ(年)が無いんですって。蔵には上から順に新しい樽を並べていますが、古いものと新しいものを混ぜて作ります。だからワインのように、ひと瓶ひと瓶ちがう味になるのではなく、どの瓶も同じ品質。

もちろん最後に試飲です。軽食も頼んだのでおいしい生ハムも堪能できました。
s軽食.JPG


生ハムといえば、こんなふうにスーパーマーケトでどど~んと丸ごと売っています。
sハム売り場.JPG

私たち、スペインには、バルセロナと、バレンシア州のアリカンテというところに行ったことがあります。でも他の場所で食べた生ハムは正直言って、塩辛すぎてあんまりおいしいとは思えませんでした。薄くスライスしてあって、紙を食べているようでしたし。
でもアンダルシアの生ハムはおいしかった!塩がきつすぎないので、厚めのスライスで肉の味を味わえます。
また、お魚が豊富。ツナ(マグロ)は地中海で獲れるんですからあたりまえなんでしょうけれど、厚切りにしたツナのステーキがおいしかった。それから忘れられないのがアンチョビ(カタクチイワシ)のフリット。材料が新鮮だからいいんですね。


ただ、スペインは、我が家のような早寝早起き一家とはちょっと時間がずれていました。
午前中観光をして、12時ごろお昼を食べたいなと思っても、大抵のレストランはまだ開店前。なんとか開いているお店を見つけて、お昼ごはんを済ませ、買い物でもしようかと街に出ると、シエスタでお店は昼休み。夕ごはんもレストランは20時ごろからです。
それでもちゃんとおいしいものは食べてきましたけれどね(^^)。

食べ物の話ばかりでもなんですので、風景も少しだけ。
s夜景.JPG


お日様は低い位置で影が長く伸びてます。
影


ここはコルドバの「花の小道」。ユダヤ人街だったところです。コルドバはセビリアから電車で1時間20分ほど。特級列車に乗れば40分ですが。
s花の小道.JPG


それにしても良く歩いた旅でした。スペインの道は碁盤の目になっていないので、迷うこともしばしば。帰ってからみんな、腿が筋肉痛でした(笑)。下の娘ががんばって歩いたので、えらかったな、と。

スポンサーサイト
  1. 2008/01/08(火) 00:58:51|
  2. スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スペイン・アンダルシアはみかんの街

スペインのアンダルシア地方に旅行に行ってきました。
街はみかんの香りに満ちていました。
sみかん.JPG

街路樹は全てみかんの木なんです。
たわわに実っていました。
sみかんと大聖堂.JPG

みかん星人の私たちとしては、食べてみないわけにはいきません。
sみかん採り.JPG

皮は厚くて種が多くすっぱかったけれど、みずみずしくて、旅のビタミン不足を補うのにぴったりでした。


泊まったのはセビリア。フラメンコの本場です。
街角にもフラメンコのタイルがあります。衣装のお店もたくさん。
s街角.JPG

やっぱり見なくちゃね~、ということで、観てきました。
ワンドリンク付きで2時間たっぷり楽しめます。私たちはシャンパンをチョイス。子ども達はオレンジジュース。
sフラメンコ1.JPG


すごい迫力でした。席は舞台のすぐそばなんです。
sフラメンコ4.JPG


フラメンコ博物館によると、
もともとのアンダルシアの踊りは土着のものなので、なんとなく日本の盆踊りを思わせる垢抜けなさ。
それがアフリカ、イスラム、ハリウッド、フランスのバレエなど、世界中の影響を受けて発達し洗練されたのだそうです。

それにしてもステップが激しい。男の人も女の人も高いヒールを履いて、よくまああんなにステップを踏めるものです。
子どもの頃からこんな文化に囲まれていたら、日本人とはぜんぜん違うメンタリティになりますよね。

  1. 2008/01/08(火) 00:25:18|
  2. スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シラスのかまぼこ

夫の冬やすみ最終日。今日はあそびまくりました。
まず子ども達の大好きなスケート。
下の娘は学校で行きましたが、上の娘はこの冬お初。大喜びでした。
そしてうれしいのが、このスケートリンク、タダなんです。
スケート靴を借りる料金だけで楽しめます。
07_01_03_1

今年の冬は300年ぶりの暖冬、それに直前まで小雨が降っていたので、この屋外スケートリンク、氷面がびしょびしょで、つるつる滑ることすべること。
前回のスケートレッスンで滑れると自信をつけていた下の娘、たちまちコロコロころげてがっかり。でもなんども転んでいるうちに上手になってきました。
こんなところでも、たちまちアイスダンスもどきを始めてしまう中年カップルもいるのが、さすがオランダですよね。

そして午後は恒例テニス。いい汗かけました。
2007年1月3日の夕食
07_01_03_2

*鮭塩焼き
*赤黄緑パプリカとジャガイモのキンピラ
*白菜とツナ缶煮込み、しょうが風味
*マッシュルーム煮込み
以前行ったドイツのクリスマスマーケットで食べたマッシュルーム煮込みをマネしてみました。
マッシュルーム200gと玉ねぎ半分のスライス、赤ワイン大さじ1、水大さじ2、塩少々を煮込み、パプリカ粉、カレー粉、を入れ更に少し煮ます。お皿に盛って、市販のガーリックバター、コショウをかけてできあがり。
う~ん、ドイツのものに近くできたかな。

そして、今日のメイン。
夫特製スペインシラスのガーリック炒め。
スペインで買ってきたシラスをオリーブオイル、にんにくと鷹の爪、塩で炒めます。
スペインではもともとシラスを食べるそうです。でも、日本のとはちがい、「ウナギの稚魚」
ですから勿論高価。
そこへ日本の某社がカニカマの技術を持ち込み、シラスそっくりのカマボコを作ったところ、安くておいしいと大ヒット!

07_01_03_3

ホント、シラスそっくりですよね。
言われなければかまぼことは気づきません。
そして、おいしい!

これはお箸で食べるものですね。スペイン人はナイフとフォークで食べるのかしら?


レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓

  1. 2007/01/04(木) 05:17:05|
  2. スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バルセロナは美しい町

バルセロナに行ったのにスーパーマーケットの写真ばかりではなんですので、風景写真をいくつか。
スペイン風景

ゴシック地区

冬ということもあり、光が真横から入り、美しいこと。

私達は乗り降り自由な観光バスに乗りました。2日に渡り、主な観光地をめぐってくれます。バスは次々に来るので便利です。
どこまでも青い空や街並み、博物館で古い絵皿などを見ると、ミロやピカソ、ダリは「無から出てきた天才」ではないんだなあ、と感じます。

でも、ガウディは別格。
「悪魔か天才か」と言われたように、この人は何なんでしょう?
ガウディが設計した建売住宅はその奇観ゆえ、2戸しか売れなかったそうです。その2戸もガウディ本人と設計を依頼した人物が買ったそう(笑)。
でもバルセロナにガウディの建築物がなければ、ただの平凡な美しいヨーロッパの一都市だったでしょう。

バルセロナといえばサクラダ・ファミリア。
世界で唯一の建築中の大聖堂。
私は実物を見るまでは、建築中といっても大体出来ていて、建築中のポーズだけかと思っていました。
でも本当に建築現場そのもの。


サクラダファミリア

塔のてっぺんから、ぐるぐる降りる階段。一方通行です。すれ違えない。
どうやって作ったんだか。なんでこんな狭く作ったんだか。天才の考えることはわかりません。
ぐるぐる


子供たちも観光バスを楽しんでました。
街中に「あわてんぼうのサンタクロース」の飾りがたくさん吊るされています。
「60人見つけた!」そうです。(人なのか?)

サンタ2


サンタ飾り1

  1. 2007/01/01(月) 04:25:57|
  2. スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スペイン人のあたりまえ

スペインのバルセロナに旅行してきました。
思っていたよりエキゾチックではなく、大都会!でした。
日中はコートがいらないくらい暖かく、寒いオランダから行った私達にはうれしい旅行でした。

そこで見つけたスペイン人には面白くもなんともないけれど、私には珍しかったもの数々。

日本にもあるスーパーマーケット、カルフールの買い物カートはちょっとちがう。買い物かごに引く手がついていて、ごろごろ引っ張って歩けます。持っても歩けます。
かご


別のスーパーの入口には、カギがついたチェーンがならんでいます。何だろう?と思っていたら、買い物カートつなぎでした。犬つなぎかなと思ったんだけどね。
買い物カートつなぎ


街中には大きなマーケットがあります。
南国らしく、たくさんのトロピカルフルーツがおいしそう。そこで珍しい果物のフレッシュジュースを飲みました。
マーケットはアメ横もびっくりの大混雑。やっぱりおいしいもの好きの国民なんでしょうね。

肉類は、牛豚鶏の他に、うさぎ、アヒル、カモなどが毛皮や羽付きで売られています。
魚介類も豊富で、私達はカラスミを買いました。
マーケットの人たちもおしゃれ心は忘れません。
真っ白なモヘアのセーター姿のお魚屋さん。
モヘアの魚屋


安ワイン。1リットル45セントというのがありました(ふつうのワインは750ml)。
買って試しましたよ。もちろん。

味は・・
まあ、言わぬが花というとこかな。
安ワイン49セント

  1. 2006/12/31(日) 20:14:15|
  2. スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。