毎日が日曜日

オランダから日本にもどってきました。新しい生活のはじまり。何か面白いことは起こるかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

視力回復手術の体験記

視力回復手術をして2ヶ月くらいになります。
まだ捨てていないメガネ。レンズがプラスチックだから、プラスチックのゴミ回収の日に出すべきか、壊れ物のゴミ回収の日に出すべきか、まだわからなくて(笑)。
090912glasses
経過は極めて良好♪
まるでブラウン管のテレビから液晶テレビになったように、くっきり見えます。
それに、コンタクトレンズのつけはずしから解放されて、生活が楽になりました。

でもまだ時々、コンタクトレンズを外してメガネにしなくちゃ、と思うことがあるんですよね。
それは、夜になって疲れている時に子どもたちがギャーギャーと騒いでいるとき。
厚いレンズのうしろに隠れてしまいたくなるんですね。
私にとってメガネは仮面みたいなものだったのか(笑)?

視力回復手術に興味をもっていられる方もいらっしゃるかと思いますので、体験をまとめてみました。
技術的な説明は各クリニックのHPで詳細にされているので、あくまで私個人の体験です。


視力回復手術、かんたんと聞いていたのですが、やっぱりそれなりの手続きがありました。
まずは、コンタクトレンズを1週間外しておく(ハードコンタクトは3週間)。
事前の目の検査があります。十数種類の念入りなものです。
検査結果をもとに、医師が手術ができるか判断します。私の場合は、視力が1,0以上出る確率が88パーセントと言われ、レーシックでない手術を勧められましたが、私はレーシックを選びました。

検査後3日間数種類の目薬を差して、手術に備えます。

手術は真っ暗な部屋でするのかと思ったら、明るい部屋に通されました(ガーン)。歯医者さんのイスみたいなのがあり、そこに座って受けます。
「迫ってくるメスが見えるの?」とよく聞かれますが,メスは見えません。
でも事前に説明されているので、何をされているのかは分かります。

二つの部屋を移動して手術時間は10分たらずでしょうか。

終わるとすぐに帰れます。
私は15分ほど休ませてもらいましたが、5分おきに出てくる患者さんはみんなどんどん帰っていくのでちょっとびっくり。

外に出ると、ものすごくまぶしいんです。日傘をさしていても、目を開けていられないくらいのまぶしさ。
それに、鎮痛剤をもらったのに、水が無くて飲まなかったからひりひり痛みます。自動販売機で飲み物を買って薬を飲みたかったのですが,まぶしくて探せないので仕方なく電車に乗って帰りました。

最寄りの駅まで夫にクルマで迎えに来てもらいました。
タクシーを頼んでも,道案内ができなかったかもしれないなあ。

帰って鎮痛剤を飲むと痛みはすっかりなくなり、まぶしさも術後3~4時間ほどでおさまってきました。「私、よく見える!」と感動しましたね。

その後は翌日、一週間後、一ヶ月後に検査があります。ですから、もし遠くから手術をしに来られる方は、長めに日程を考えておかなくてはいけないと思います。

目薬は、手術後すぐから、数ヶ月感使います。
最初の目薬は、炎症止めと潤いを与えるヒアルロン酸。
ん?ヒアルロン酸?それは小じわにきく高級化粧品に入っている成分ではないですか!
1回ずつ使い捨てのミニボトル入りだったので、残った液体はお顔の気になる所にぬりぬり。

見え方は、ひとつ欠点があります。
暗い所でハレーションがかかったように見えること。暗い部屋で電話機などの液晶が、実際よりも大きくにじんで見えます。信号もにじんで見えます。これは術後すぐはかなり気になりましたので、夜のご商売の方にはむかないかも?(笑)
私はインドアテニスをしているのですが、室内が暗く、窓の外が明るい時、ちょっと見にくいです。

欠点はありますが、今のところ満足しています。
いまだに、朝目が覚めると「ちゃんと見えるかしら?」と、そ~っと薄目を開けて確認します。見えてうれしい気分です。
これからまた目が悪くならないように、気をつけています。
だた、老眼はそのうちはじまるらしいです。それは止められないのだそうです。とほほ。



スポンサーサイト
  1. 2008/09/12(金) 22:52:26|
  2. 視力回復手術
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

視力回復しました!

昨日、手術後検診に行ったら、裸眼視力1.5になっていました!
うれし~い。こんなによく見えるなんて生まれて初めてかも。
0.8くらいまで回復すればいいか、くらいに思っていたので、予想外のうれしさです。
まだ、目が疲れやすく、PCは長く使えないので、詳しくはまた書きます。

手術の日、夫が作ってくれた夕ごはん。
さすがに自分で作ることもできず、外にたべに行くのも気が進まなかったので、作ってくれて、大感謝です。
080713

*豚肉と青梗菜の中華炒め
*ヤマイモと大葉
*サラダ

コメントくださった方ありがとうございました。後日お返事します。
  1. 2008/07/15(火) 12:11:01|
  2. 視力回復手術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

視力回復手術への道 その2

昨日の夕ごはん
080712

*鮭のムニエルとシイタケ
*豆腐の肉蒸し
豆腐と豚ひき肉を混ぜて蒸しました。新聞にのっていたレシピ
*エノキダケと豚ひき肉の煮物
*サラダ
*枝豆
*キャベツとニンジンのアンチョビソテー


いよいよ今日は視力回復手術の日。
ノーメークで来るように、ということですが、すっぴんで新宿に行くのって犯罪に近いのでは・・(笑)。がんばってきます。


レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓


テーマ:ごはん日記(写真付き) - ジャンル:日記

  1. 2008/07/13(日) 11:20:19|
  2. 視力回復手術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

視力回復手術への道

昨日の夕ごはん
080708

*豚肉とひよこ豆の煮こみ
圧力鍋で煮ました。

*ナスの煮物
厚手の鍋に油をひいてみじんぎりのニンニクとナスを並べ、酒、みりん、水少々を入れて火にかけ、ナスに火が通ったら、醤油で味付けします。

*トマトとオクラのサラダ オクラドレッシング
茹でたオクラを刻んでオリーブオイル、酢、塩と混ぜてドレッシングにしました。

*大根と絹上げの煮物

*茹でほうれん草とゆで豚のゴマダレ和え


最近、私は眼鏡です。
私の眼はとても悪く、ふだんはコンタクトレンズを使っていますが、とうとう、視力回復手術を受けようと決心しました。コンタクトレンズは検査のために1週間外していなくてはいけません。暑いのに重たい眼鏡を顔に乗せているのは、うっとおしいものですが、がまんがまん。
今日、クリニックに行き、検査を受けてきました。
近年、手術代はとても安くなり、手術も簡単、と宣伝でうたっていますが、やっぱり手術、事前の検査は念入りです。

視力回復手術(レーシック)というのは、ごく簡単に言ってしまうと、
近眼の人は目の屈折率が悪いので、レーザーで削ってちょうどいいカーブにしてしまうという(けっこう乱暴な)ものです。
視力が回復した喜びの声を伝える体験談を読むと、夢のよう♪私ももうすぐ眼鏡無しの快適生活をおくれるのかしら。

検査の結果は、
私の角膜は薄いので、レーシックを受けるにはぎりぎり。その上、角膜が薄いため、もし視力が十分回復しなくても、再手術はできない。
裸眼視力1.0以上の結果がでるかどうかという確率は88パーセント。
う~む微妙な確率ですよね。

お医者さんは目の中に永久コンタクトレンズを入れる手術も進めてくれましたが、それはまた豊胸手術のシリコンみたいで、後でなにが起こるかわからないので怖いなあ。

一回限りのレーシック手術に賭けるか、 豊胸手術 永久コンタクトに賭けるか、究極の選択を迫られてしまいました。

私の賭けはレーシックのほう。
さて、この決断は吉とでるか!手術は日曜日です。


レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓



テーマ:ごはん日記(写真付き) - ジャンル:日記

  1. 2008/07/09(水) 15:10:22|
  2. 視力回復手術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。