毎日が日曜日

オランダから日本にもどってきました。新しい生活のはじまり。何か面白いことは起こるかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

輪になって座ろう

夕ごはんの準備をしていると、夫から帰るよコール。
休肝日の今日、
「お酒が飲みたくなくなる献立にしてね」
私「・・・・」(困惑)
お酒が飲みたくなる献立は得意なんだけど。
でも、なんとか我慢できました。
080218zentai.JPG

あ、しまった。ご飯と汁ものの位置が逆だった。
*炊き込みご飯
*和風汁もの(昨日の鍋の残りを再利用、大根、にんじん、インゲン)
080218up.JPG

*煮豚と白菜の煮物
圧力鍋で煮豚を作ると味が染み込みにくいので、スライスしてから白菜と一緒に煮汁に戻して煮ました。

*ほうれん草と赤パプリカ、松の実のサラダ

*千切りキャベツとにんじん入りポテトサラダ

お弁当
080218bento.JPG

*ハンバーグ
*ジャガイモとニンジンの煮物
*インゲン
*トウフのソテー

今日は下の娘の個人面談でした。
8月末から始まる学校は今が丁度半分すぎたところ、来週から1週間お休みがあります。

日本では幼稚園の年長の歳ですが、オランダでは2年生。成績表もあります。
学年によってもちがいますが、彼女の成績表は3段階評価のチェックポイントが55個、先生からのコメント欄が10個と、とても細かいものです。
内容は、どんな遊びをしているか、とか、音楽(歌)はどうか、というものですが、私が興味を持ったのは
「輪になっているときの活動」というところです。

朝、彼女のクラスに入ると、イスが輪になって並べてあります。先生も輪の一部です。イスの場所は毎日違いますが、先生の隣は順番で、日直さんのように、先生のお手伝い係です。30分ほど話したり歌ったりという朝の会をした後は、自由に遊びますが、帰りの直前もまた輪になって座ります。

日本の幼稚園では、机があったり、イスがあったり、床に座ったり、先生の話を聞く形は様々でしょうが、先生は立って、子供たちは先生に顔を向けています。でも、オランダでは、先生も輪の一員、同じ高さで座っています。

この輪になっていることの良いところは、全員の顔が見えること。
子どもは手を挙げて発言しますが、他の子が発言している間は聞かなくてはいけません。この聞くと言う訓練がとても良くできるのです。
みんなの顔が見えるので、先生や発言している子に集中しやすい。私が見学に行った時、先生が大声で「はい、こっちをむいて!」と言っているのを見たことがありません。
他の子が発言している時に、こそこそおしゃべりしている子どもには先生は「しっ」というだけです。先生の声もとても小さい。大声を出さなくても、注意をひきつけられるからです。この方法だと、こわがりやすい小さな子供たちが萎縮することもありません。

この輪になるという方法はオランダではとてもよく使うそうです。間に机を置かないようにするのがリラックスしてフランクに話し合うポイントらしく、日本人にはだらしなく見えても、創造的な話し合いができるそうです。

日本でも取り入れたらどうでしょうかねえ?
私が、面談の時に、「輪になっているのはとても良いと思うわ」と言うと、
陽気な先生は
「じゃあ日本に私たちの方法を教えに行くわよ。飛行機で何時間かかるの?24時間?
え?12時間しかかからないの?それならお安い御用よ!」と笑っていましたが。


レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓


スポンサーサイト

テーマ:ごはん日記(写真付き) - ジャンル:日記

  1. 2008/02/19(火) 04:28:44|
  2. オランダの風習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

狂乱!カーニバル

昨日は's-Hertogenbosch、通称DenBoschという街へカーニバル見物に行ってきました。
この街に住む友人夫妻が案内してくれることになっていました。
ロッテルダムではカーニバルはしないので、クルマで小一時間のこの土地でくりひろげられる、お祭りってどんななのか、と期待感でいっぱい。
駐車場に着いた時からこんな人たちを見かけたので、ちょっと心の準備はできておりました。
080203_1.JPG

左端の人、ブロッコリーです。

美しい街はラッシュアワーのように仮装した人でいっぱい。
080203_4.JPG

橋をわたって街に一歩入るとすぐに、仮装ビール軍団が。
080203_2.JPG

みんな酔っ払ってるでしょう!
080203_10.JPG

ティーバッグでつくった衣装。
080203_5.JPG

こんな異国の土地でサムライに会えるとは!でもなんか違う。
080203_6.JPG

おネエさま方、コワイ・・・
080203_8.JPG

あっちからもこっちからも、鼓笛隊がマーチを鳴らしながらねり歩いています。
お腹にズンズン響く。娘達嫌がっていました(笑)。それだけでなく、毒気にあてられたみたいで、めずらしくおとなしいもの。
080203_9.JPG

この街はカーニバルの間「カエルの町」とかなんとかいう名前に変わるのだそうで、カエルのモチーフを身につけている人も大勢います。
080203kaeru.JPG


080203_7.JPG

街全体が酔っ払っているようで、圧倒されました。
お友達の住むフラットから見ていると、駅から次々に仮装した人たちがやってくるのが見えます。ということはこの格好で電車に乗ってくるのか。。

080203_3.JPG

この狂乱、火曜日まで続くそうです。会社も学校もお休み。

ロッテルダムはもともとプロテスタントの土地柄だし、今や教会に行く人もほとんどいないような土地柄なので、カーニバルがこんなにすごいものとは知りませんでした。
間違っていたのは私たちが仮装していなかったこと。こんなことと知っていれば張り切って工夫していったのに(笑)。

ブリューゲルの絵にあるような中世のカーニバルの熱狂。体感できました。

案内してくださったY&Kさんどうもありがとう!
  1. 2008/02/04(月) 22:03:05|
  2. オランダの風習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

運河でスケート♪

朝、窓の外を見ると真っ白でした。
雪ではないんです。霜。
071220_1

空気中の水蒸気が凍ったんですね。マイナス6℃

マロニエの実も凍り付いています。
071220_3

子ども達はおおはしゃぎ!!(実は私もワクワク)
「運河でスケートができる」
071220_2

この白いところは普段は水面です。すっかり凍ってしまって、乗っても大丈夫です。
よかった~。貴重な経験が出来て。

今日の夕ご飯
071220yuusyoku

*ごはんがすすむ豚カタロースと白菜炒め
カタロースは骨から外して(オランダの豚肉は骨付きが多いのです)細切りにし、塩をふり、小麦粉をまぶします。
白菜はザク切り。
フライパンに油を熱し、お肉を炒め、取り出します。
白菜を入れてさっと炒めます。
白菜に火が通ったら、肉をフライパンに戻し、
市販のトオチソース大さじ1、オイスターソース、大さじ1、黒酢小さじ1を加えて混ぜます。
白菜がしんなりしすぎないように。

*サトイモとにんじんの煮物

*残り物野菜の炒め物、バジルソース

*お味噌汁


お弁当
071220bento

*ハンバーグ
*チキンソテー
*TOFU(豆腐)ソテー
*にんじん、ブロッコリー


耳がかゆいなあと思って麺棒でこすると、「あれ、血だ」
ええ~?どうして~?
何か悪い病気??


・・・ちがうわ、今日美容院に行ってカラーリングしたから。液が耳に入ったんでしょ。良く見ると赤くなくて茶色いもの。

こんな寒い日に美容院なんかに行かなくてもよさそうなもんですが、予約してあったから。明日から子ども達の冬休みが始まって美容院に行けないから、予約しておいたのです。

美容院でコーヒーを出してくれることは以前も書いたのですが、今日はもう一つおまけがあった。
「リキュールいる?」
へえ、そんなのまで出してくれるんだ。
寒いから?それともクリスマスシーズンだからかもしれませんね。
よろこんでいただきました。ちっちゃなグラスにコーヒーミルク味のリキュール。カルアミルクみたい。甘くておいしい。アルコールはほとんど感じないくらい。
でも、隣の席のマダムは
「コーヒーリキュール?コーヒーはいらないから、リキュールだけちょうだい」
って濃いやつをキュッとひっかけていました。


レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓


  1. 2007/12/21(金) 04:34:34|
  2. オランダの風習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学校でのクリスマスディナー

もうすぐクリスマス。
下の娘の通うオランダの小学校ではクリスマスディナーでした。
夕方学校でみんなでディナーを食べるのです。
すてき~。ワクワクしてます。

夕方学校に娘を連れて行くと、教室はこんな感じで、ロウソクの灯だけ。暗いのです。
071219kyousitu

今年は、道を隔てた向かいの教会で「発表会」をするというので、みんなで移動。
071219church


「ディナーパーティー」なので、ドレスアップ~!
こんな二年生(日本では幼稚園の年長さん)や、
071219dressup1

こんな8年生(日本では小学校6年生)がいます。
071219derssup2



発表会では各クラスごとに、世界各国の歌を歌いました。ウチの娘のクラスはスペイン語のクリスマスソング。
ウチの娘は旗を持つ係りでした。ママうれしかったなあ~。
071219ha


食べ物はママたちが一品づつ持ち寄りします。
071219_1

「何を持っていくか」これは難しい。一年目は巻き寿司を持っていたのですが、そんなエスニックフードはオランダの子ども達には無理だったようです。なので、去年は甘い物がいいだろうとマドレーヌを焼きました。これは好評だったと娘が言っていました。
さて、今年は何にしよう、と考えて、小さなバンバーグにしました。上にチーズで飾り。
でも、不評であんまり食べてくれなかったらしい(苦笑)。やっぱり幼稚園生には甘いもののほうがいいのか~。

下の娘が学校でディナーの間、急いで我が家でもディナー。
071219yuusyoku

*持っていったのと同じミニハンバーグ(我が家では好評でした)。

*スモークサーモン、セロリ、きゅうり

*ジャガイモのクリームスープ

*ズッキーニのソテー 粉チーズかけ

お弁当
なんか迫力のお弁当になっちゃった。
071219bento

*アジの開き
*チキンの味噌ソテー
*ジャガイモのケチャプ炒め
*ブロッコリー にんじん

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓



  1. 2007/12/20(木) 06:11:35|
  2. オランダの風習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

靴でも滑れるスケートリンク

今日は下の娘の学校はスケート♪私はヘルプで一緒にいきました。。
071213skert

冬になるとあちこちに現れる仮設スケートリンク。
ここはマース川のほとりにあります。窓からは陽射しがさして気持ちいい。

小さな子ども達はスケート靴ではなく、4本の歯を靴に結わえ付けます。これなら氷の上で立てるので安心。こうやってだんだん上手になっていくんですね。
071213kutu

冬の楽しみのスケートリンクは無料。スケート大国らしく、庶民の楽しみなんです。
でも氷面はざらざら。つい、氷を集めて「雪だ~」って雪合戦を始めたくなっちゃうんです。
071213asobi

ヘルプのお父さんに肩車してもらっていいなあ。って、すごいわ、肩車でスケート!
071213_1



学校のスケートツアー、場所は違うけれど、去年も行きました
下の娘、去年よりずっと上手に滑れるようになりました。それに、靴のぬぎ履きに私の手をわずらわさなくなったので、ラクになったわ~。


今日の夕ご飯
071213yuusyoku

カレー
先日オランダのカレーでハズしてしまったので、今日は日本のごく普通のカレー。
鶏肉をカレーに入れて煮込むとダシになってしまうので、お肉は別のフライパンでソテーして、カレーの上に乗せました。このほうがおいしいね。
キャベツとセロリ、トマトのサラダ。
ナスの味噌炒め

今日のお弁当
071213bento

*鶏のソテーめんつゆ味
*ジャガイモとパプリカのケチャップ炒め
*ほうれん草
*ブロッコリー

今日目がさめたら、目覚し時計セット時間の50分後。あわてて起きて、炊飯器を見ると、タイマーセットしていなかった。
でもなんとかなるもんですね。子ども達を送りに出かけた時間は、いつもより5分早かった。
なんだ~、この時間でいいのか。

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓

  1. 2007/12/14(金) 06:33:48|
  2. オランダの風習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。