毎日が日曜日

オランダから日本にもどってきました。新しい生活のはじまり。何か面白いことは起こるかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

すてきなステーキ

夕食10.30

10月30日の夕食
*ビーフステーキ、ガーリックバター添え
しましまのグリルパンで焼くと、肉汁が流れ出ずにおいしく焼けますね。
*ヒヨコマメと白菜、赤パプリカのサラダ(ヒヨコマメは圧力鍋使用)
*ナス煮物
*ズッキーニと赤パプリカのオイスターソース味
こっちに来てからズッキーニがよく食卓にのぼります。
友人が、「ズッキーニってあんまり食べたこと無い」
というので
おいしいから、と勧めました。
でも「どんな味なの?」と聞くから
「味はあんまり無い」と答えてから、ヘンな答えに笑っちゃいました。クセがないのでどんな料理法でも合う、と答えるべきでしたね。今日はオイスターソースは合うかな、と試しましたが、何の違和感もありませんでした。ナスのように油を吸いすぎないのも、使いやすいところです。

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓

スポンサーサイト
  1. 2006/10/31(火) 04:39:33|
  2. 毎日の夕食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンニャクさん

コンニャクって、日本独特のものですか?
10.29

下の娘がどうもコンニャクを忘れてしまったらしいんです。
先週お友達が遊びに来たとき、一緒に食べたランチのネジネジ形のパスタを見て
「ねじったコンニャクみたい!」と言うのです。
4歳ともなると、なかなか凝ったことを言うなあと感心したんですが、娘は今ひとつわからないという顔をしていました。
いかんいかん。
早速コンニャクを買ってきて、今日は大根、にんじん、鶏肉と一緒に煮物。
コンニャクもなかなかおいしいものですね。

10月29日のその他の夕食
*鶏肉とブロッコリー、松の実、クルミのオイスターソース炒め
*ズッキーニと赤パプリカチーズ蒸し
*キャベツとピーマンの「焼肉のたれ」煮

今日は夏時間から冬時間に変更の日。
1時間トクした気分。
日曜日の朝、朝食も済んで、お皿も片付けて
「そろそろ10時くらい?」と時計を見ても、まだ9時前だと、ホントにうれしい。時間をプレゼントされた気分。
春に夏時間に戻るときは、時間を盗られた気分になるんですけどね。

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓


  1. 2006/10/30(月) 06:22:47|
  2. 毎日の夕食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リゾット☆イカのワタ入り☆または「おおどろぼうポッツェンプロッツ」

今日はドイツのデュッセルドルフまで行ってきました。この街は、日本企業のヨーロッパ拠点になっているため、ちょっとした日本人街が出来ていて、日本の食材や、本などが手に入るため、ときどき行くんです。オランダからクルマで2時間コース。
ドライブが嫌いな上の娘、いつもは行くのを嫌がるのに、今日は「行く、行く!」と乗り気。
「ドイツで焼きソーセージとザワークラウトを食べるんだ!」
実は彼女、「おおどろぼうポッツェンプロッツ」という本を読んで、「焼きソーセージとザワークラウト」をたべたくなってしまったんだそう。

この本なつかしい!!

私が彼女と同じくらいのときに、夢中になって読んだ本です。その時も、「焼きソーセージとザワークラウト」を食べたくなったものです。
でもねー、当時の日本の小学生はソーセージは、こんな太いものもあるなんて知らなかったし、ザワークラウトも知らなかったのよ(なにしろシャウエッセンが出る前だもの・・トシがバレる~)。
ただ、私の父が丁度その頃、ドイツに行ったので、話だけは知っていて、食べてみたいなあ~と思っていたのよ、という話をしながら行きました。

シューマッハというレーサーみたいな名のビアホールで「焼きソーセージとザワークラウト」「ハクセ」「じゃがいもやハムいっぱいのボリューム満点オムレツ」を注文しました。
ハクセ

これが「ハクセ」という豚の骨付き肉。「ギャートルズ」に出てくる「あの肉」みたい!

おおどろぼう

なつかしい本。

10.28

10月28日の夕食
帰りが遅くなってしまったのですが、みんなの協力で、大急ぎ夕食できました。
*イカとキャベツ炒め
*イカのワタのリゾット
いつも、イカはワタごと炒めてしまうんですが、そうすると、おいしい出汁のスープをご飯にかけたくなっちゃう(お行儀悪っ)。そこできょうは、そのスープを染み込ませたリゾットにしてみました。
<作り方>
1)オリーブオイルでみじん切りにした、ニンニクと玉ねぎを炒める。
2)お米を洗わないでカップ2杯入れ、さらに炒める。
3)お米がかぶるくらいの水を入れ、時々かき混ぜながら、煮る。
4)八分どおり火が通ったところで、イカのワタと塩を投入。
5)九分くらい火が通ったら黄色パプリカのも入れる。
出来上がりは、アルデンテがいいです。

煮ながら、焦げ付かないようにかき混ぜるのが大切です。今日は主人がリゾット担当でつききりになってくれました。
先日ナポリに行った時、リゾットの美味しさを知ってしまいました。お米もパスタ感覚で、少し芯の残る状態で食べます。ブオーノ(イタリア語で美味しいの意味)!

*日本のかぼちゃの煮物
*ほうれん草とトマトのサラダ
*もやしとブロッコリーのサラダ

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓

  1. 2006/10/29(日) 04:53:49|
  2. 毎日の夕食<魚料理>
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハロウィンパーティー

今日は、上の娘の通う日本人学校に隣接するアメリカンスクールの企画で、ハロウィンパーティーがありました。
オランダでは、ハロウィンはほとんどやらないけれども、アメリカンスクールなので、本国のお祭りを再現します。
オランダにいながらにして、アメリカの雰囲気を味わえる、とういう趣向。
日本人の子供たち、何週間も前から、何の仮装をするか、そわそわ、わくわく。
我が家では、上の娘がナース、下の娘がプリンセス。そして、頼まれもしないのに、母親の私までもが魔女となって、参加しました。

ハロウィン

アメリカンスクールの教室、飾りにも力が入っています。
舞台

体育館で仮装行列した後、教室をめぐり、お菓子をもらい、(「Trick or treat(お菓子をくれなきゃいたずらするよ)」とうのって、ゆすり?)
ちょっとしたゲームをして、おわりです。

楽しいけれど、こんなにお菓子を配るのってどうなの?
小さな子供が甘いものを食べ過ぎると、血糖値が上がりすぎて酔っ払いみたいになるから、あちこちで小競り合い。
アメリカのお祭りなのはいいけど、
学校なんだから、もう少し教育的配慮をしてほしいなあ。

10.27夕食

10月27日の夕食
*Zeewolf(海の狼、日本名では、オオカミウオというらしいです)のアクアパッツア
*パプリカとニンジン、じゃがいものカラフルキンピラ
*ほうれん草のナッツドレシッシングサラダ(松の実、クルミ)
*もやしのゴマたっぷりあえ
*パン、エダムチーズ、ガーリックバター

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓


  1. 2006/10/28(土) 04:33:44|
  2. 異文化体験
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かぼちゃ餅☆チーズ入り☆

以前つくったかぼちゃ餅。
ある方のアドバイスで、チーズを入れてみました。
レッカー!(オランダ語で美味しい!の意味です)
<作り方>
1)かぼちゃは皮をむき、小さく刻んで、電子レンジで柔らかくなるまで加熱します。
2)マッシャーでよくつぶし、塩と(溶けない)チーズをきざんで入れます。
3)片栗粉を加え、ほどよい硬さにします。
4)ほどよい大きさにまるめ、オリーブオイルかバターでこんがり焼き目がつくまで焼きます。
こちらのかぼちゃは水っぽいため、かなり片栗粉を加えたので、モチモチ感がいっそう感じられます。水分の少ないかぼちゃの場合は、バターを混ぜるとより美味しいと思います。
これは、ワインにも合いますよ。胡椒をふってね。10.26かぼちゃ


10月26日の夕食
*鶏肉のオリーブオイルソテー、赤パプリカ添え
*白菜と豆腐炒め煮
*マッシュルームとズッキーニソテー
*ほうれん草とトマトのサラダ

デザートに主人が近所のフルーツやさんから買ってきてくれた
フルーツサラダとアップルコンポート10.26フルーツ

これもまたレッカー!
アップルコンポートは、煮たリンゴと生のリンゴ、それから刻んだナッツが入っていて、食感も楽しめました。

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓

  1. 2006/10/27(金) 04:39:03|
  2. 毎日の夕食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子供の大好きな物といえば?

1025.3


今夜はパパが外で食事をするということなので、お子様大好きメニューのハンバーグ。ニンジンもたっぷり入っています。
その他、大好評だったのはかぼちゃスープ。
もともと水っぽいかぼちゃだから、スープが一番かな。生クリームで濃厚な味にしているし。あんまり好評だったから、明日も出るかもしれません(笑)。
あとは、ほうれん草、にんじん、豆腐のステーキ。
食後にぶどう。
洗い物もカンタンです。

下の娘は、何でも姉のマネをします。
今日も食卓で宿題をする姉の横で、お勉強のまねっこ。
「ちょっと、消しゴム貸してね。」と下の娘。
「ダメ!無くなっちゃうから。」
見てみると、なんとまあ小さい消しゴム、足の親指の爪くらいです。
「なんでそんなに小さい消しゴムを使っているの?いっぱい持っているでしょう?」と私が聞くと、
「だって・・・キレイなのを使うともったいないんだもん。」

あ゛?

そうです。この子はもったいながり。
鉛筆も、すんごくチビたのを使っていますが、筆箱を開けると、長くてきれいに削ったキャラクター物の鉛筆がきらりんと揃っています。

まったくもう・・と思っても、強く言えない私。
だって、
自分にも覚えがあるから。
親子ってヘンな所が似てますね~。

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓


  1. 2006/10/26(木) 05:03:05|
  2. 毎日の夕食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

栗!カンタンな剥きかたがわかりました!

娘達が大量に拾ってきた栗。
おいしいけれど、剥くのが大変!
でもこれを剥かねば、将来あの子たちは「母親との関係が悪くて鬱病になりました」というかしら、と思って憂鬱だった栗!
でも、いろいろな方に相談したおかげで、カンタンに剥くコツがわかりました。
1)数時間水に漬けておく。(今日は3時間ほど漬けておきました)
2)栗のお尻のほうをちょっとだけ切りとり、下から上へと剥いていく。
この方法で、いともカンタンに剥くことができました!!
アドバイスくださった方々、ありがとう!

おととい、栗ご飯をした時、
「栗ってやっぱりナッツなんだなあ、ワインに合うわ~」と
思ったので、こんな料理を思いつきました。

「栗とマッシュルームの合わせ煮」

栗は鬼皮と渋皮を取り(渋皮は少し残しておいたほうが味に深みが出るかも)、茹でる。
八分どおり火が通ったところで、マッシュルームと白ワイン、塩を投入。
栗に火が通り過ぎないように気をつけて火を止めます。
おいしいです。
シャルドネ(白ワイン)にぴったり。
10.24.栗

10月24日の夕食
*栗とマッシュルーム煮
*鶏肉と豆腐のしましまグリルパンのグリル
溝のあるしましまグリルパンは今まで使わなかったのがもったいなかった。野菜もお肉もGOOD!です
*かぼちゃと赤パプリカ、インゲンの素揚げ
お肉、豆腐と、野菜はオリーブオイル、レモン、ゲランドの塩で各自テキトーに味付けして、食べました。これもワイン用ですね。
*白菜のトンコツスープ、クリーム仕立て。

秋の夕食らしくできました。
でも
栗、まだ残っているんですよね・・・(毎週のテニスの度に増えるのです)。
どうしようかなあ。

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓
  1. 2006/10/25(水) 03:55:42|
  2. 毎日の夕食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熱気ムンムン

日中は暖かかったのに、急に冷え込んできた午後、上の娘(小学2年)とお友達をクルマに乗せて学校から帰りました。
乗ったとたんに機関銃のようにしゃべくりまくる二人。
たいして面白いことを話しているわけでないのに、よく、しゃべるなあと思っていると、
だんだん視界が悪くなってきました。
そうです。
二人の、汗とツバと鼻息が、水蒸気となって、フロントガラスを曇らせたのです。
こんな小さい女の子達でも、すごい新陳代謝。エアコンを強くしないと前が見えません。

お友達の家に着き、猛烈な勢いでおやつを食べながら娘が言うことには
「ママ、今日のお弁当足りなかった!」
ええ?いつもと同じくらいにしたんだけど。
「いつもはおなかいいいっぱいになるんだけど、今日はおなかいっぱいくらいにしかならなかった!」
確かに、あれだけ代謝していれば、お腹空くでしょう。
わかりました。明日からもっと量を増やしましょう。
でも、無駄に代謝しているような気もするんだけどね。

1023

10月23日の夕食
*豚肉のビーフキャセロール(笑)
ビーフキャセロールの「素」を試してみました。でも豚肉使用。おいしかったですよ。
*ほうれん草とトマトのサラダ
*大根と赤パプリカの塩炒め
*ナス煮物
食後にイチゴ
*キャベツ浅漬け

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓

  1. 2006/10/24(火) 04:56:39|
  2. 毎日の夕食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の実りの食卓

1022

今日の盛り付けは失敗したなあ。
メインのお肉と付け合せが、お皿からこぼれんばかり。ちがうお皿に移しかえようかと思ったのですが、そんな余裕はありませんでした。飢えた狼たちが待ち構えていたから。
ほかに2枚シャッターを切ったけれど、食べたくてたまらない狼達の手が写ってしまっているくらいなんだもの。

今日は、また主人(狼1号)と上の娘(狼2号)が栗をむいてくれたので栗ごはんになりました(サンキュー)。
栗ってこんなに香りがあるのかと感心するおいしさ。赤ワインとも良く合うんです。
今日の秋の実りのメニューは
*ドラムスティックのオーブン焼き。玉ねぎと、じゃがいも、マッシュルームも一緒にオーブンで焼きました。
*白菜蒸し焼き(中国黒酢を使った中華ドレッシング風味)
*ズッキーニと赤パプリカの炒めもの
*トマト
*栗ご飯

ドラムスティックは、争奪戦でした。
骨付き系大好き人間の主人が、犬もまたぐくらいきれいにお肉を食べてしまって、
「これくらいきれいに食べないと、おかわりする資格がない」
とのたまっていましたから。
(でも、犬にはトリの骨はあげてはいけないんですよね。)

上の娘は
「今お風呂に入ったら、沈んじゃうかも」
それくらいお腹いっぱいなのだそうです。

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓

  1. 2006/10/23(月) 03:24:23|
  2. 毎日の夕食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クローラー・ミュラー美術館とおもしろ自転車

オランダは、すっかり秋が深まってきました。
そこで今日は前々から行きたいと思っていたクローラー・ミュラー美術館へ行ってきました。
なぜ、このゴッホで有名な美術館へ行くのを先延ばしにしていたかというと、このあたりは紅葉がきれいだと聞いていたので、秋になるのを待っていたのです。
美術館のあるデ・ホーヘ・フェルウェ国立公園は、とにかく広い!
無意味に広い!
何にもない林と草原が広がっています。
5500ヘクタールとか。
日本人は、ちょっとゴルフコースでも作ったら?と考えてしまいますが。

無料の貸し自転車が自由に使えます。そういうことの大好きな私は、気の進まない主人を説得して、駐車場から10km先の美術館めざしてGO!
途中でおもしろ自転車を発見。
1020.自転車

空をむいてこぎます。
雨が降ったらつらい・・

こちらは紅葉といっても、真っ赤になる木は少ないんです。
10.20.美術館

クローラー・ミュラー美術館は林の中にあり、しっとりと落ち着いた雰囲気です。
1020.美術館2

1020.本

ミュージアムショップで、日本語版のゴッホ全集がスペシャルプライスで売られているのを見つけ、迷わずゲット。
この厚さで9.9ユーロはお買い得でしょう?お買い物上手な私達。

往復20kmのサイクリング、かなりつらかったです。実は、一番乗り気だった私がヘロヘロ。
そして、風きって走ると、お肌がパリパリに(特に目の下が)。ちょっと前までこんなことはなかったのに。ヨーロッパの空気は乾燥しているせいかなあ(意地でもトシのせいとは考えたくない~)

上の娘はがんばりましたよ。えらかった。(下のはパパの自転車の後ろのチャイルドシートでのんきに、昼寝してましたから)
でも、苦労して見たゴッホの絵は、格別でした。

もっとゆっくりして、歩きまわったりすると、鹿などの野生動物にも遭えるそうです。
体力と足に自信のある方にはおすすめの、おたのしみコースです。

10.21

10月21日の夕食
*フランスほうぼうのアクアパッツア
赤いほうぼうをアクアパッツア仕立てにしました。おいしかったです。
*ほうれん草と赤パプリカ、コーンのサラダ
*パクソイ炒め物
パクソイとは、白菜とチンゲンサイのあいの子みたいなおいしい中国野菜です。
*大根とニンジン煮物(圧力鍋使用)
*エダムチーズと3種のパン

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓



  1. 2006/10/22(日) 05:49:55|
  2. オランダ小旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コードネームは018=ゼイヤ

今日から現地校に通う下の娘の秋休み。
なんだか今日は疲れた、何故だろう?と考えたら、この子の絶え間ないおしゃべりで、「耳が疲れた」のでした。
この子は上の子に比べて、無口で、おとなしくて・・と思っていたら、立派に成長して、「おしゃべりさん」になっていました。
はああ・・
10日間の秋休み、私の耳は耐えられるかしら?

いわし


10月20日の夕食
*イワシのショウガ煮
圧力鍋使用だから、骨まで食べられます。
下の娘の大好きなお醤油味。喜んで平らげました。
*キャベツと赤ピーマンのオリーブオイル炒め。にんにくをきかせました
*もやしの中華ドレッシングあえ
ゴマとスリゴマたっぷり、黒酢がアクセント
*ジャガイモとマシュルームのトンコツスープ
大人はショウガ入り。
*トマト
*食後にみかんとパイナップル


上の娘が、作文のコンクールで入賞した!とよろこんで帰ってきました。
でも、「他のクラスメートと同じ内容を書いたのに、どうして私だけ入賞したのかなあ」と不思議がっています。

そのわけはママが知っています。

作文はふれあい動物公園に遠足に行ったことを書きました。その中の
「私は、仲良くなったヤギにゼイヤという名前をつけました。なぜかというと耳に018という番号札をつけていたからです」
というフレーズがウケたに違いない。

018→ゼイヤって・・暴走族コトバ?
「この子の親は、族あがりか~。でもがんばって子育てしているんだな」
って、きっと先生方ほほえましく思ったんでしょう。

何にせよ、おめでとう。よかったね。

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓


  1. 2006/10/21(土) 03:27:19|
  2. 毎日の夕食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年の冬の目標

10.19

こちらのスーパーマーケットでは、お肉は骨のついたものが一般的です。
豚肩ロースも、骨付き。
いつもは骨をはずして、骨のほうはトンコツ出汁に、
肉のほうは圧力鍋で柔らかく煮ることが多いのですが、
今日はまるごとオーブンで焼いてみました。

バットに玉ねぎ、にんじんを敷き、塩を振ったお肉を入れて200℃のオーブンで20分。マッシュルームを急いで放り込み、さらに10分。
肉と野菜を取り出した後、バットを直接火にかけて、煮汁を少し煮詰めて、上からかけました。

たまにはこういう歯ごたえのあるお肉もいいですね。肉を食べた!という気になりますから。
硬いお肉の嫌いな次女が、
「これおいしい」というので、うれしくなったら、
一緒に焼いた玉ねぎのことでした(^^;)。
でも確かに、野菜は肉汁を吸っておいしくなっていました。

10月19日の夕食
*骨付き豚肩ロースのオーブン焼き。ニンジン、玉ねぎ、マッシュルーム添え
*ほうれん草のチーズ焼き
茹でたほうれん草に、トマトソースとバジルペーストソースをかけて、チーズのせ、オーブンで焼きました。
*ナスの田楽
*赤と緑パプリカ炒め

だんだん寒くなってくると、毛糸のぬくもりが恋しくなりますね。
私は毎年この時期になると、編物をはじめてみよう!と思うんです。亡くなった祖母が編物の達人でした。それで、なんだかあこがれがあるんです。
何度目かの初挑戦で、今年も始める気になりました。今回こそ本気です(毎年ですが)。

今までは毛糸が細すぎたことが敗因だったらしいので、今日は極太の毛糸を買ってきて、いざ、下の娘のベストを編み始めました。目標は冬の間に編み終わること!(<目標低すぎ)
がんばるぞー。

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓

  1. 2006/10/20(金) 05:05:30|
  2. 毎日の夕食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アジの塩焼き☆オリーブオイルかけ☆

 水曜日のオープンマーケットの魚屋さんは、いつもイマイチ。でもさすが収穫の秋らしく、今日はおいしそうなお魚が店先からあふれていました。
 今日迷った挙句チョイスしたのはアジ(またもや安物買いですみません)。おおぶりで、腹のあたりがぷっくりふくれていていかにもおいしそう。

そこで今日の夕食は
アジの塩焼きに決定。
でもそれにお醤油と大根おろしではつまらない(?)
我が家ではExバージンオリーブオイルをかけていただきます。青魚とオリーブオイルはとても相性が良いのです。つまり、ワインと合うってことなんですけど。
焼き魚とオリーブオイルの初体験は、マカオでのポルトガル料理店で。そこではイワシの塩焼きにオリーブオイルをさっとかけて供していました。
アジでもいいですよ~。

あじ


10月18日の夕食
*アジ塩焼き Exバージンオリーブオイルかけ。コリアンダーを添えてみました
*ジャガイモのクリームソース(圧力鍋使用)
*ズッキーニと黄色パプリカのグリル、オリーブオイルかけ
*白菜煮。梅酢が隠し味

収穫の秋というと思い浮かぶのがリンゴです。
オランダ人は
「リンゴとジャガイモが主食」とか
「野菜はリンゴしか食べない」とか
陰口をたたかれるほどのリンゴ好きです。
そしてまた安い!特売品だと1kg(小さめのが4ー5個)で1.5ユーロくらいなのがあります。(日本だと1個で1ユーロくらいしますよね)

ところがそのオランダ人に「リンゴアレルギー」が急増しているらしいです(食べると肌がかゆくなってしまうなどの症状)。
かわいそうに。食べ過ぎなのでは?過ぎたるは及ばざるがごとし?

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓



  1. 2006/10/19(木) 04:05:58|
  2. 毎日の夕食<魚料理>
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お腹すいたって泣かないで

現地の小学校に通う下の娘(日本では幼稚園生)作品展があったので見に行ってきました。
日本なら、日曜日にするところですが、こちらでは「夜7時から8時に来てください」、とのこと。
普通のオランダ人は夕食を6時に摂るので、夕食後の散歩がてら、と言う感覚なのでしょうか。

10.17.3

作品は日本の幼稚園の感覚から考えると、力が抜けたものでした(笑)。
先生の作為は感じらないので、子供らしいです。
作品を並べたテーブルのデコレーションに凝っているのは、さすがオランダというところかな。
10.17.2

雰囲気が日本と全然違います。もっとカジュアルで楽しげ。
2階ではお菓子とジュースや紅茶コーヒーがふるまわれます。
あらかじめ頼まれていたので、私もジュースをプラスティックコップに注ぐお手伝い。

10.17.4


ここまでは良かったのですが、
我が家はまだ夕食前だったので、
子供たちには「リンゴジュース1杯とお菓子一つね、」と約束させていました。
こういうしつけには賛否両論あるでしょうが、我が家はオールドファッションなので、
甘いものは控えめに、食事前にはダメというルールなんです。でも今日は、せっかくだから少しだけは食べてもいい、と大目にみることにしました。
ところが、少し食べたために食欲に火がついたのか、もっと食べたいと泣き出す始末。
食べたいからって泣かないでよ、難民じゃないんだから・・・

急いで帰って準備しておいた夕食にしました。

10.17

10月17日の夕食
*豚と大豆のクリーム煮込み(圧力鍋使用)
トマト味のポークビーンズはよくするのですが、今回は白いシチューにしました。
*ブロッコリーのモツアレラチーズかけ
*白菜とニンジンのとろとろ煮込み
*きのこと赤パプリカのソテー

子供たちは食べたらすぐ寝ました。疲れていたんでしょう。
本能そのままですから。

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓

  1. 2006/10/18(水) 05:47:07|
  2. 毎日の夕食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅行の後の調整の夕食です・・

ナポリで食べ過ぎ。そして、旅行中はどうしても野菜不足。今週は、ヘルシーメニューでいきます。
10.16


10月16日の夕食
*鶏とキャベツ、赤ピーマンの炒め物
*蒸しナス
 厚手の鍋で皮をむいたナスを蒸し焼きにして、
 味噌、オイスターソース、砂糖、ゴマ油のソースをかけてみました。ヒットです♪
*ほうれん草おひたし
*白菜とにんじんのホワイソスープ

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓

  1. 2006/10/17(火) 05:33:08|
  2. 毎日の夕食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナポリっ子はアニメがお好き

先週金、土、日とイタリアのナポリへ旅行してきました。
イタリアはアモーレ!の国だけあって、そこここで語りあう恋人達の姿が見られ、北国オランダでは見られない「熱さ」にあてられてしまいました。
ナポリ影


もうひとつの発見は日本のアニメの浸透ぶり。
一番人気は「ルパン三世」。トラックやバイクのステッカーをいくつも見かけました。
ルパン

ルパンはフランス人だけれども(なのか?もしかして日本人だったりして笑)イタリアーンな雰囲気いっぱいだから、なじみやすいんでしょうね。
10年前にイタリアを旅行したときに、赤いフンドシ姿「いなかっぺ大将」のアニメを見て、衝撃を受けたんだけれども、今回は「めぞん一刻」をやっていました。
どてら姿の四谷さんがイタリア語をしゃべっているのは、なかなかシュールでした。

でも古いのだけでなく、プリキュアもやっているみたい。
(今はもうなぎさは出てないのかな?日本を離れて長いから良く知りませ-ん)
プリキュア

ドレミちゃんもあるのね~
ドレミ


アニメって、少なからず道徳的な内容が含まれるんだけれども(友情!とか根性!とか、もっと細かい所では電車を待つときに並なくてはいけないとか)そういう道徳は必ずしも国際的ではないと思うんです。
そのへんのとこ、イタリアの子供たちはどうとらえているんでしょうね。それとも、日本の道徳的考えが少しずつ世界に広まっていくのかなあ。


EU内では飛行機で各国を行き来しても入国審査もなく、電車感覚です。もう一つの国のよう。
でも言葉も文化も全く違います。
こんな多様性を肌で感じながら育つ子供たちは、これからすごく強くなるでしょうね。
  1. 2006/10/17(火) 05:25:08|
  2. イタリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インドネシア料理初体験

今日は主人が休みがとれたし、上の娘は秋休み。そこでインドネシア料理店でランチ♪
オランダはインドネシアを植民地にしていたので、関係が深く、レストランもたくさんあります。でも、こちらにきて、もう1年以上経つのに私達、インドネシア料理は未体験でした。というのも、子供たちが辛いのがダメだから。

今日は、定食を頼みましたが、2人分でテーブルに乗り切らないほどの種類と量。そして、辛さと甘さ、熱さと冷たさのバランスが絶妙でした。
辛いのを食べると、甘いのが食べたくなり、熱いのを食べると、冷たいサラダなどを食べたくなる、という具合に、いくら食べても飽きないの。お腹一杯食べました。

ただ、予想していたより、辛くなくても、どの料理もスパイスが効いていて、子供たちにはダメでした。

しかし、今日出かけたのは、市役所に用があったため。
腹ごしらえして幸せ気分で、市役所に行ったらクローズ。木曜日は13:30で閉まるのでした。とほほほ。さすがオランダ。

10月12日の夕食
10.12


私はまだお腹一杯でした。ダンナのほうは、私が夕食は控えめにするようにと厳命したので(←わはは鬼嫁)、食べたいなあという顔をしていたのですが、控えめな量。子供達用です。

*鶏もも照り焼き
*大根とニンジン煮(圧力鍋使用)
*キャベツとスナップえんどう塩炒め
*ズッキーニとマッシュルームのトマトソース


今日のレストランの名前は「インドネシア」。ロッテルダム市内のV&Dの近くです。

インドネシア料理すっかりファンになったけれど、子供達がぜんぜんダメなのが困るなあ。別のレストランにも行きたいんだけれど。

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓

  1. 2006/10/13(金) 03:57:13|
  2. 毎日の夕食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秋はやっぱり焼き魚

金魚。
ヨーロッパでは、金魚は金魚鉢で飼ってはいけないそうです。
丸い水槽は、法律で禁じられている。
四角ならOK。
なぜかというと、
丸い水槽だと、どこがスタートでどこがゴールか、わからなくてグルグルと泳ぎつづけてしまい、
金魚の健康に悪いから。
おまわりさんが窓からのぞいて、丸い金魚鉢で金魚を飼っているのを見つけたら、タイホするかも。
さすがヨーロッパ。
♪オケラだーって、金魚だーって、みんなみんな生きているんだ、友達なんだ~。♪
金魚にも「基本的人権」があるんだ。

魚つながりで、今夜は
焼き魚二種です。
昨日オープンマーケットで買ったオランダガレイ(Schol)とサバ(Makreel)を塩して、キッチンペーパーで包み、冷蔵庫で一夜干ししておきました。
1011.1

10.11.2

オランダガレイは6月が旬と聞いていたのですが、秋もおいしいですよ。卵が入っていたし、身も厚くて上品な美味しさがつまっていました。
そして、サバ。あぶらが乗りきっていて、きらきらと虹色に光っていましたから。焼いてみると、下品なほどの味の濃さ。他のものの味がわからなくなるほどでした。

10月11日の夕食
*焼き魚
*サバのあら汁(大根、ニンジン、豆腐入り)
*白菜とニンジン、マッシュルーム炒め
*赤緑パプリカ煮
ピーマンはしゃきっと炒めるものだと思っていましたが、とろとろになるほど煮込んでもおいしいと聞いたので、先日の角煮の残り汁で煮込んでみました。いけます。

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓


  1. 2006/10/12(木) 05:03:15|
  2. 毎日の夕食<魚料理>
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カジュアルなおもてなし Ⅱ

今日も昨日の方を招いての夕食です。
火曜日はブラークでオープンマーケットが開かれるので、買い物にいきました。ブラークのオープンマーケットというのは、行ったことのある方は驚かれたと思います。広~い敷地にお店がずらりと軒を連ねています。オランダで最大とか。そんなにお店があってやっていけるの?というくらい。
そこで、私は良さげな魚屋さんで、アサリ、サバをゲット。
と、店のお兄さんの顔をみたら、見たことのある顔。
あらら。
毎週金曜日に行く、うちの近所のオープンマーケットの魚屋さん。
あれ!と思ったら、アチラはいつもの常連さんが来たな(いつもながら、安物買いでスミマセン)というかんじで、親切でしたけど。10軒以上ある魚屋さんで何故同じお店で買ってしまったのでしょうか?

これは私、2度目なんです。

前回は八百屋さん。たくさんある八百屋さんの中からどうしてか、いつも行く別の場所の同じお店で買い物してしまいまいした。
体内に、秘密のICチップが埋め込まれていて、引き寄せられてしまうのかしら。

そこで買ったアサリの酒蒸しとサバのトマトソース煮
10.10.2

10.10.1


その他のメニュー
*鶏モモ唐揚げ
*赤黄パプリカとズッキーニのグリル
*モヤシの中華ドレッシング、プチトマト添え
*ニョッキクリームソース、モツアレラチーズ入り
*サバのホネ入り潮汁
*赤ワイン、ビール

会話もはずんで楽しいゆうべでした。

今夜はお泊りです。
お風呂をどうぞ、と勧めたら、「明日の朝はいります」とのこと。夕方子供たちが入った後掃除したのに。夜パパが入った後、また掃除しなくてはいけません。とほほ。

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓

  1. 2006/10/11(水) 06:35:56|
  2. おもてなし系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カジュアルなおもてなし

今夜は、主人の会社の若い方を夕食に招きました。
やさしいお兄さんなので、娘たちは競争でしゃべることしゃべること。そして、競争で食べること食べること。

寝る前に少しお腹が痛くなってしまった下の娘は
「今日はたべすぎた~。明日はこんなにたべない。」
と約束して眠りにつきました。

さすがに今日は全体の写真は撮れないかったので、キッチンで数枚シャッターを切りました。

今日のテーマは、ボリュームいっぱい和風夕食です。

10.9.4

豚の角煮。煮たまご。
大根は売っていなくて、使えませんでした。
前回いらしたとき、煮たまごが大好きだと聞いていたので、今回もまた出しました。
角煮が和食か?というと疑問が残るところではありますが。
10.9.3

キノコとパプリカのにんにく炒め
10.9.2

ほうれん草のグラタン。
10.9.1

ビーフシチュー。

という、いつもながらのメニューですが、彼はまだ独身で家庭料理が懐かしいでしょうから、いいんじゃないかなと思ってこういうメニューにしました。

その他は
エダムチーズ、オリーブ、きゅうり、プチトマト盛り合わせ
湯豆腐
栗ご飯
赤ワイン
食後にカキ
コーヒー

カキは、オランダ最大のスーパーマーケット・アルバートハインで買いました。樽ガキです。日本のものに近い味でおいしかったですよ。1個59セント。オランダ在住の皆さま、アルバートハインに急げ!

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓




  1. 2006/10/10(火) 05:16:02|
  2. おもてなし系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

栗ご飯はパパの味

 先週に引き続いて、娘たちが栗を拾ってきました。
テニスコートに来ているのに、テニスもしないで拾っていたのです。
「ママー!栗いっぱい拾ったよ!65個!!」
65個!?
それを全部私が剥くの~?(泣)
と、大喜びの娘たちに、水をさしてしまいました。

「たくさん拾えてよかったわねー。ママもうれしいわ」と言ってあげられればよかったんだけど、がっかりさせるようなことを言ってしまって悪かったな、
でも、やっぱり小さな栗を65個も剥くのはやだな、と思って、暗い気持ちになっていました。
ああ、これで、娘が将来うつ病になって、精神科医から、「子供の頃の母子関係が悪かったせいです。」なんていわれたりしたら、どうしよう・・

するとそこに救世主パパ登場。
「パパがむいてやろう」

ありがとう!!
本当に全部むいてくれました。大感謝。
渋皮は娘と私が二人で仲良く剥きました。
めでたしめでたし♪

貴重な栗、栗ご飯にしました。
甘くて、良い香り。
おいしかった~
10.8


10月8日の夕食
*栗ご飯
 栗はなるべくまるごとのまま使いました。
普通の水加減より、若干多めにして、おたまに半分くらい水を捨てます。
捨てた水と同量になるように、白ワイン、塩、みりん少々を入れて、炊飯器で炊きます。(2.5合)
*豚肉と大豆、コンブの煮物。
 中華醤油を使いました。(圧力鍋料理)
*ズッキーニと赤黄パプリカ、グリル
*ブロッコリー、ミートソースとチーズかけ

圧力鍋に、栗を数個入れておきました。
食後に、二つに割ってスプーンでほじくって食べたら、これもまたgood!でした。

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓

  1. 2006/10/09(月) 03:47:55|
  2. 毎日の夕食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たまには軽い夕食もいいのでは

今日は上の娘の日本人学校での文化祭でした。
お昼ご飯にお弁当を持参したわけですが、絶対みんな食べすぎだ、と思ったので、夕食は軽めにしました。
でも、そんな配慮は無用だったらしく、これでは足りずに食後にチーズを食べてしまった☆
10.7.1


10月7日の夕食
*豚肉のソテー、オリーブオイルとにんにくで
にんじんグラッセとジャガイモ添え
*ほうれん草とトマトサラダ
*ズッキーニと赤黄色パプリカのグリルパン焼き
溝のあるグリルパンで野菜を焼き、塩とオリーブオイルをかけます。シンプルですが、おいしい!
とくにズッキーニに甘味が出ます。

夕方、お散歩にでました。
今週は天気が悪くて、久々の晴れ!
光が美しいのです。

10.7.2

典型的なオランダの風景。
ごく普通の住宅地に、こんな場所がたくさんあるんですから、お散歩すると心が洗われるよう、と言ったらおおげさ?

10.7.3


娘に、
「文化祭が始まる前にドキドキした?」と聞いたら
「パパとママがちゃんとくるかどうか、のほうがドキドキした」そうです。
心配性ですね。

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓
  1. 2006/10/08(日) 05:30:24|
  2. 毎日の夕食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オーブンはすごい

今日の夕食は、鶏のドラムスティック(骨と皮付きモモ肉)のオーブン焼きにしました。
オーブンってどう使っていいいかわからなくて、
もっぱら、ケーキやクッキー、あとは、ピザに使っていたんですが、当然のことですが、お肉を焼くとおいしい。
今日は、上の娘の学校での明日の文化祭のお弁当作りの準備があったので、カンタンかなあ、とドラムスティックのオーブン焼きにしました。
ドラムスティックにクレイジーソルトをかけ、しばらく置いた後、白ワインをかけます。バットにセロリとタマネギを敷いて、200度のオーブンで焼き目がつくくらいまで焼きます(40分くらい)。
でもまだ、パパが帰ってくるまでに間がありそう、と思ったら、そこで火を消せば、暖かいまま保存できます。
これが、便利。
もちろん、お味も、皮がパリッと中はジューシーで、よござんした。
10.6

後で、バットに残ったセロリとタマネギをつまみぐいしたら、おいしかった♪コゲ気味だから、出さなかったんですけど、食べるべきでしたね。
でも、おいしくて私が一人で全部食べちゃいました。役得?

10月6日の夕食
*ドラムスティックのオーブン焼き
*ズッキーニとナスのトマトミートソース煮込み(ニンジン入り)オリーブオイルをひとたらしして。
*きのこと黄パプリカのニンニク、オリーブオイル炒め
*エダムチ-ズとトマト、キュウリ盛り合わせ。

クレイジーソルト、久しぶりに使いました。ゲランドの塩を知る前は、あんなに大好きだったのに、最近忘れられた存在でした。

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓

  1. 2006/10/07(土) 03:37:24|
  2. 毎日の夕食<オーブン料理>
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベゴニアの味?

 知り合いが、小さな鉢植えのお花をプレゼントしてくれました。まだ、つぼみでどんなお花が咲くのかわかりません。

上の娘が
「あ、これベゴニアだ」と言うので
「よくわかったわねー」と感心すると、
「この葉っぱ、かじってみるとプチトマトのニオイがするんだよ!」
君は花を、いろ形ではなく、「味」で憶えているのか・・

10.5

10月5日の夕食
*豚ヒレカツ。キャベツの千切りを、お肉より多く添えて
*ほうれん草とプチトマト
*ズッキーニと黄色パプリカのニンニクオリーブオイル炒め
*ナスと黄色パプリカの醤油味炒め
ズッキーニとナスがそっくりだと言われてしまいました。
確かに。 でも、もう他に野菜がないのよ。明日はお買い物に行かねば。

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓

  1. 2006/10/06(金) 04:36:44|
  2. 毎日の夕食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の日の遠足

10月4日はアニマルデーだそうです。
なんじゃそりゃ?と思ったら、
「あなたのペットに好物をやろう」という日なのだそうな。
だから、というわけでなく、小学校の読書週間の一環として、動物園に遠足に行って来ました。

昨日はオランダの多くの学校で遠足の日だったようです。
きりん

遠足といってもカンタンです。
4歳から、8歳までの子どもたちは、親が何人かヘルプに申し出て、車で送っていきます。もっと年上の子供たちは、トラムで行きます。
私達は、動物園まで3―4人乗せて行き、そのまま動物園に入り、動物を見て歩きます。

整列なし。
校長先生のお話、なし。

ラクですねー。

こんなに開会式がないとラクだとは思いませんでした。

上の子の日本の幼稚園は整列が大好きで、やたらと並ばされました。そういうもんだと思っていたのですが、整列って、子供にとってかなりのストレス。
その後、せっかく動物園に入っても、ぐずったり、逃げ出したりしがちでしたもの。

昨日の子供たちは、じゃれあったり、小腹がすけは、歩きながらスナックをかじったりしながら、楽しそうに動物を見て歩きました。先生も、3ー4人を連れているだけで、他の子は親と一緒です。
私は、動物よりも、子供たちを見ているほうが面白かったですが。

水曜日は半日の日なので、12時でおしまい。
終わりの整列もなく、
子供たちは、動物園から、てんでにお土産を受け取り、
親は、担任の先生から、駐車券を受け取り、
バーイ(オランダ語ではダアー)。
あっけなっかった。


でもねー。寒かった。
今朝学校を休む子続出だったもの。


10.4

10月4日の夕食
*鶏とブロッコリー落花生のオイスターソース炒め
 落花生の殻は、上の娘が剥いてくれました。
*イカとキャベツ炒め
*トマトとほうれん草の中華サラダ
*ジャガイモとタマネギ煮

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓


  1. 2006/10/05(木) 16:58:44|
  2. オランダ小旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

栗、失敗編

栗、落ちてました。
いつも行くテニスコートの駐車場。おいしい栗と聞いていたので、前々から、ねらっていたんです。
きょうやっとゲット~。でも9個~
栗


ちっちゃいです。

でもせっかくなので、栗ご飯にしました。
栗をむき、白ワイン、みりん、塩をいれてご飯と一緒に炊きます。

10.3.1

10月3日の夕食
*白菜と牛肉団子煮物
*えんどう豆とジャガイモのクリームスープ
*さやいんげんと赤ピーマンのにんにくオリーブオイル炒め
*エダムチーズとセロリ、きゅうり、プチトマト盛り合わせ
*栗ご飯

でも
炊き上がったご飯に輝く黄金色の栗を期待して、炊飯器の蓋を開けたら・・
茶色の栗でした~

渋皮、むくのわすれてました。
あんまり小さい栗なので、大事にむきすぎました。
生のときは渋皮ってわからないものなの?
来週のテニスでリベンジ!

10.3.2

玄関先に、お花を植えたいと、ずっと思っていました。
こちらでは、お庭は、自分のために飾るのではなく、近所の方、お散歩の方々の目を楽しませるために、きれいにするらしいですね。
お友達が、庭を(やっと)きれいにしたら、お隣の人が、あいさつしてくれるようになった、とか
庭掃除をしていたら、お隣が、「よくやってるねー」とお菓子をくれた、とか、そういう話を良く聞くものですから。
最近の我が家、ゴミ収集問題でウォッチされている視線をびしびし感じていたので、
きれいにしなくてはいけないなあ、と、コンテナガーデンしてみたんです。
ガーデンシクラメン、
なんだか広い場所にちょびっとで、あんまり効果ないかもしれませんが、これをとっかかりにして、きれいなお庭にしたいな、と、でももう、冬が来る・・来年に期待かな!

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓
  1. 2006/10/04(水) 04:49:38|
  2. 毎日の夕食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨の月曜日

今日は、一日すごい雨でした。雨の多いオランダでも、こんなに一日中降っているのはめずらしい。
現地校に通う下の娘が、お昼休みに外で遊べないのは、一年で2.3回くらいなもの。それくらい、めずらしいんです。

ところで、フランスの小学校では
お昼休みは、教室にカギがかけられて、
雨が降っていても校庭にいなくてはいけない、という話は本当なんでしょうか?

そして、とうとうセントラルヒーティングの暖房がつきはじめました。


10.2

10月2日の夕食

*鶏照り焼き、キャベツ千切り
*マッシュルームのにんにく炒め
*カリフラワーと白菜のクリームスープ
*ナス、赤ピーマン、大根煮物

上の娘が英語の個人レッスンをはじめました。
「どうだった?」と聞いたら、
「すっごく、おもしろかった!たのしかった!」
へえ、英語の勉強って、面白くて、楽しいことなんだ、と、目からウロコが落ちる思い。
先生はオランダ人ですが、小学校で英語を教えている落ち着いた雰囲気のオバサマ。
今まで私、英語の勉強で、面白くて楽しい、なんて思ったこと無かったなあ。
下の娘も、学校(日本でいう幼稚園)でのイギリス人の先生の英語の授業は「楽しい」とのことです。

なんとなく、愉快なレッスンはアメリカ人がするのであって、オランダ人やイギリス人はしないのかと思っていました。

でも、こうやって、ヨーロッパ人はマルチリンガルになっていくんですね。
日本ではバイリンガルになると母国語がだめになる、なんていう弊害が言われていますが、
彼ら、彼女らはそんな懸念をやすやすと乗り越えているようで、うらやましいです。
  1. 2006/10/03(火) 03:17:36|
  2. 毎日の夕食<圧力鍋>
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豚角煮 -少しこってりバージョン-

 豚の角煮って、さっぱりめがいいの?それとも、こってりめがいいの?
10.1.1

 というのも、今度バザーで豚の角煮を出そうと考えているからです。
 考えてみたら私は角煮って、食べたことなかったんですよね。
前回作ったときは、かなり下茹でをして脂身を抜いたので、脂身嫌いの私も、「これはイケル」と思っていたのですが、
最近になって、
主人が、「もっと脂っこいほうがいいと思うよ」と言い出しました。
彼は、先週のドイツ出張でわざわざ日本食レストランで「角煮」を注文したらしい。そんなに好きだったとは、知らんかった。そこでは、とってもこってりと脂がのっていて「それはそれで、一つの完成形」なのだそうですが。

ということは、
1)こってり、
2)少し脂っけが残っているもの、
3)すっかり脂っけを取り除いて、さっぱりしたもの、
というバージョンに分かれるみたい。

今日は圧力鍋で、下茹で8分、煮込み15分でやってみました。
この角煮はドイツのほどは、こってりしていないそうで、彼も、こっちのほうがオイシイと言ってはいますが、一般的にはどうなんでしょう?
日本人学校のバザーで買ってくださるお客様はどっちが好みなのかなあ。

10.1.2

10月1日の夕食
*豚の角煮と大根
ネギとしょうが、ゆずこしょうでいただきました。
*インゲンと赤ピーマンの素揚げ、オイスターソースかけ。
冬になると、オランダではめっきり野菜が少なくなります。でも、インゲンは一年中ある緑の野菜。
ところが、うちの主人はインゲン嫌いなのです。なんとかよいメニューはないものかと探していたら見つけました。こちら
インゲンは油で揚げると、くせがなくなります。オイスターソースはいらないかも。塩だけでおいしく食べられそうです。

*ブロッコリーサラダ(マヨネーズ、ヨーグルト、カッテジチーズ、塩、バルサミコ酢あえ)
*ほうれん草おひたし、トマト


レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓

  1. 2006/10/02(月) 03:29:46|
  2. 毎日の夕食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エダムチーズ

秋めいてきたこのごろ、行きたいと思っていたエダムへいってきました。
エダムといえば、チーズで有名です。
エダム1

エダムでのランチ。最近はずしていた外食ですが、今日は大あたり!おいしかった。
3種のサンドウィッチです。
中身は、生ハムとドライトマトのオリーブオイル漬け、
スモークサーモンとケッパー、ゆで卵のマヨソース、
チーズ
でした。
パンが、さくっと、歯切れが良くて、サンドウィッチにぴったり。
このカフェはエダムの町で唯一、と言えるくらいのレストラン。エダムに来る観光客を一手に引き受けているという風情でした。

エダム2

秋の気配。

エダムチーズ

エダムの教会は、古いけれど立派。
でも、何故か特産品を販売していました。
「このエダムチーズは、200個もあったうちの最後の1個。安くしておくから買わないか?」
と話し掛けてきたのは、教会関係者らしき真面目そうなおじさん。
思わず買ってしまいました。
重さ1.3kg
7ユーロ
お買い得でしょう!

9.30


今日の夕食はエダムチーズで決まり。
この塊を切るコツを教えてもらいました。
最初に、濡れふきんで包んで周りを柔らかくしておき、それからカットすると、やりやすいです。
そのまま切ろうとしても刃がたちません。
エダムチーズはくせもなく、おいしくいただけました。

今日は帰りが遅くなったので、簡単夕食にしたのに、エダムチーズをカットするのに一番時間がかかってしまいました。とほほ。

9月30日の夕食
*エダムチーズとトマト、オリーブ、セロリ盛り合わせ
(このチーズはビームスターという名前です)
*ナスとズッキーニのトマト煮
*豚コマ切りの味噌キャベツ炒め煮(ホイコーローもどき)
*もやしとカリフラワー中華ふうナムル、黒酢がポイント
  1. 2006/10/01(日) 04:06:04|
  2. オランダ小旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。