毎日が日曜日

オランダから日本にもどってきました。新しい生活のはじまり。何か面白いことは起こるかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バルセロナは美しい町

バルセロナに行ったのにスーパーマーケットの写真ばかりではなんですので、風景写真をいくつか。
スペイン風景

ゴシック地区

冬ということもあり、光が真横から入り、美しいこと。

私達は乗り降り自由な観光バスに乗りました。2日に渡り、主な観光地をめぐってくれます。バスは次々に来るので便利です。
どこまでも青い空や街並み、博物館で古い絵皿などを見ると、ミロやピカソ、ダリは「無から出てきた天才」ではないんだなあ、と感じます。

でも、ガウディは別格。
「悪魔か天才か」と言われたように、この人は何なんでしょう?
ガウディが設計した建売住宅はその奇観ゆえ、2戸しか売れなかったそうです。その2戸もガウディ本人と設計を依頼した人物が買ったそう(笑)。
でもバルセロナにガウディの建築物がなければ、ただの平凡な美しいヨーロッパの一都市だったでしょう。

バルセロナといえばサクラダ・ファミリア。
世界で唯一の建築中の大聖堂。
私は実物を見るまでは、建築中といっても大体出来ていて、建築中のポーズだけかと思っていました。
でも本当に建築現場そのもの。


サクラダファミリア

塔のてっぺんから、ぐるぐる降りる階段。一方通行です。すれ違えない。
どうやって作ったんだか。なんでこんな狭く作ったんだか。天才の考えることはわかりません。
ぐるぐる


子供たちも観光バスを楽しんでました。
街中に「あわてんぼうのサンタクロース」の飾りがたくさん吊るされています。
「60人見つけた!」そうです。(人なのか?)

サンタ2


サンタ飾り1

スポンサーサイト
  1. 2007/01/01(月) 04:25:57|
  2. スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大忙しのおおみそか | ホーム | スペイン人のあたりまえ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zondag.blog68.fc2.com/tb.php/167-383b9ff8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。