毎日が日曜日

オランダから日本にもどってきました。新しい生活のはじまり。何か面白いことは起こるかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パパ作「牛ハツの中華炒め」

07_03_03_2

3月3日の夕食
*夫特製、牛ハツの中華炒め
作った本人も驚きのおいしさ(笑)!
07_03_03_1

ホントに驚いちゃって、
「これはもう一度作れって言っても出来ないかも・・」
という弱気の発言なんですが。

作り方
1 フライパンにサラダ油をしき、ネギ(prei)2cmとニンニクの大きいカケラ1片をそれぞれみじん切りにしたものを炒める。
2 牛ハツのぶつ切り500gを投入、中火で炒めます。
3 ハツの表面の色が変わったくらいのところで白ワイン大さじ1、オイスターソース大さじ1、中国醤油(なければ普通の醤油で代用可)大さじ2、中国黒酢大さじ1の順に投入。
4 片栗粉小さじ2を少量の水で溶かしたものでとろみをつける。
5 お皿に盛り、上から香りづけのゴマ油をかける
コツはハツに火を通し過ぎないこと。ハツはRunderhartという名前でアルバートハインの大きい店舗に置いてあります。

その他
*BIMIの辛しあえ
BIMIという野菜が特売になっていました(また特売品を買う私)。見た目、菜の花のよう。
まあ、ブロッコリーが伸びたようにもみえますが。
試しに買ってみました。
菜の花か?
ブロッコリーか?
う~ん、どっちでもない。
苦味は少なくて、子どもでもおいしく食べられました。
アブラナ科の野菜には違いないです。菜の花のようなほろ苦さが少なくて、食べやすいといえます。
*太ネギ
オリーブオイルにニンニク、鷹の爪、塩を炒め、3-4cmくらいの筒切りにした太いネギをたてに並べ、フタをして加熱。ネギの上下をかえして、また熱し、火が通ったらフライパンから出します。ピリカラで大人の味です。
*キャベツ、ブロッコリー、赤パプリカ、ズッキーニのチーズ炒め蒸し煮
*もやしとトマトサラダ(ゴマ油、中国醤油、中華黒酢のドレッシング)

今日はもうひな祭りでしたね。ひな祭りのごちそうはおととい、前祝で食べたので今日は特別なことはしなかったのですが、
早くおひな様しまわなくちゃ!娘たちがお嫁にいけなくなっちゃう!
でも
パパが「お嫁になんか行かなくていいから、しまわなくていい」と小声で言っています。
こんな大アマなパパでは先が思いやられる・・

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓



スポンサーサイト
  1. 2007/03/04(日) 04:29:26|
  2. 毎日の夕食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<60年代アートを見に | ホーム | 残り物のお弁当で悪い?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zondag.blog68.fc2.com/tb.php/230-116b03cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。