毎日が日曜日

オランダから日本にもどってきました。新しい生活のはじまり。何か面白いことは起こるかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

母の日のポンデケージョとイタリアン

今日は母の日。朝寝坊をしても怒られない数少ない日。
のんびり起きていくと、子ども達が待ち構えて折紙で作ったお花と絵をプレゼントしてくれました。「ママいつもありがとう!」
そして、「何でもお手伝いしてあげるね!!」

何を「お手伝い」してもらいましょうか。
考えた末、お昼ごはんにポンデケージョをつくるのを「お手伝い」してもらうことにしました。これなら、丸めるのを「お手伝い」できるから。それに、中華スーパーでタピオカの粉が500gで65セントという安値で買ってあったので。
070513_4

しかし、彼女達の「お手伝い」熱は丸める以前の材料準備段階から始まっていました。
「何をお手伝いしたらいい?」
「え?う~ん、じゃあ卵を割ってくれる?」
「ずるーい、私もお手伝いしたい!」
お手伝いは、ずるいことなのか?
「じゃあ、粉を混ぜてね」
「わかった!あっ!粉がボウルから床にこぼれちゃった!」
「布巾でふいて」
「え~~」
これはお手伝いではないらしい。
捏ねて、丸めて、オーブンで焼いて一安心。と思ったら、また「何かお手伝いすることない?」
「え?まだですか? じゃあ、サラダのトマトを切って」
「ずる~い、私も」
ということでトマトのタタキができました。(あえて写真なし 笑)

でも、中はもちもち、外はかりっとおいしいパンが出来ましたよ。表面にひび割れが出来ているのは上手に出来た証拠だそうです。
お手伝いありがとう。ふたりのおかげでおいしくできたわ。

今日の夕ご飯
070513_3

*鶏肉とマッシュルームのバルサミコソース
鶏肉は買ってすぐ塩をしておきました。
それをそぎ切りにして、フライパンでオリーブオイルで焼き、バルサミコ酢をじゅっと入れてソースにしました。バルサミコ酢は酸味がとんで、甘くなります。いっしょにマッシュルームも調理しました。
添えたご飯は、
「ご飯と食べるイタリアン」藤沼由美子著の料理本の中でおいしそう!と思ったもの。
*ドライトマトごはん
ご飯にオリーブオイルとゲランドの塩で下味をつけて、刻んだドライトマトを混ぜてみました。
これはいい!おいしくてカンタン。イタリアンに合います。
070513_2

うちの人たちがイマイチ苦手なモロッコインゲンとカリフラワー。でもおいしいですよね。私は好き。
今日は茹でて、マヨネーズ、レモン果汁、粉チーズ、塩少々を混ぜたドレッシングをかけ、上に炒ったクルミを散らしました。
これは好評、みんなぺろりと平らげました。


070513_1


その他
*トマトと水牛のモツアレラチーズのカプレーゼ
*にんじんとジャガイモの炒め物

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓




スポンサーサイト
  1. 2007/05/14(月) 03:55:50|
  2. 毎日の夕食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旬の味 白アスパラガス | ホーム | 風車はオランダそのものね>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zondag.blog68.fc2.com/tb.php/302-f178c69a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。