毎日が日曜日

オランダから日本にもどってきました。新しい生活のはじまり。何か面白いことは起こるかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トルコの宮廷料理で王様気分

今日は両親が子ども達を見ていてくれるということなので(感謝!)、夫婦二人で食事にでかけました。
行ったのはトルコ宮廷料理 MASTIKA
Eendrachtsweg25
3012LB Rotterdam

日本にいた時はトルコ料理は食べたことがなかったのですが、昨年夏にイスタンブールに旅行して以来、すっかりトルコ贔屓になった私達です。
その旅行の時はどちらかというと庶民的なお店にばかり行ったので、宮廷料理には期待していきました。

まず、エスニックな内装が期待をふくらませます。
壁際の席はふかふかのクッション。
ハーレムのスルタン(王様)気分?
070701_4


まずは前菜盛り合わせ
070701_2

左側のディップはキュウリの薄切りにのっているので、さっぱり食べられます。このディップ八種類は似ているようでいて、みな味が違います。
右側の細長いのは、キャベツのライスを包んだもの、ブドウの葉のライスを包んだもの、クレープ状のもの。
どれもみんな細やかな味付けで、美味しいのです。

これは私のメインディッシュ

070701_3

アーティチョークのくりぬいた中に、牛肉のコマ切れを詰めたもの、なのですが、この一皿だけで完全料理のようです。
上から、ズッキーニと野菜の煮込み、アーティチョークと牛肉、そして、小さなオクラがたくさん敷き詰めてあります。その下にはピラフ。

これはウズラのお料理。
070701_1

どれもみな、繊細な料理! トルコ料理の奥は深そうです。
スポンサーサイト
  1. 2007/07/02(月) 05:20:09|
  2. トルコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<赤ちゃん誕生のお祝いの食べ物 <オランダ> | ホーム | 小便小僧は見てびっくり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zondag.blog68.fc2.com/tb.php/350-33c3def6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。