毎日が日曜日

オランダから日本にもどってきました。新しい生活のはじまり。何か面白いことは起こるかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スペイン旅行 その2

泊まったのはセビリアでしたが、電車で近郊の町ヘレス・デ・ラ・フロンテーラまで足を伸ばしました。
お目当てはシェリー酒の工場(ボテーガ)のゴンザレス&ピアス。ティオ・ペペというシェリー酒のブランドです。
sシェリー樽.JPG

シェリー酒もぶどうから作るのですが、ヴィンテージ(年)が無いんですって。蔵には上から順に新しい樽を並べていますが、古いものと新しいものを混ぜて作ります。だからワインのように、ひと瓶ひと瓶ちがう味になるのではなく、どの瓶も同じ品質。

もちろん最後に試飲です。軽食も頼んだのでおいしい生ハムも堪能できました。
s軽食.JPG


生ハムといえば、こんなふうにスーパーマーケトでどど~んと丸ごと売っています。
sハム売り場.JPG

私たち、スペインには、バルセロナと、バレンシア州のアリカンテというところに行ったことがあります。でも他の場所で食べた生ハムは正直言って、塩辛すぎてあんまりおいしいとは思えませんでした。薄くスライスしてあって、紙を食べているようでしたし。
でもアンダルシアの生ハムはおいしかった!塩がきつすぎないので、厚めのスライスで肉の味を味わえます。
また、お魚が豊富。ツナ(マグロ)は地中海で獲れるんですからあたりまえなんでしょうけれど、厚切りにしたツナのステーキがおいしかった。それから忘れられないのがアンチョビ(カタクチイワシ)のフリット。材料が新鮮だからいいんですね。


ただ、スペインは、我が家のような早寝早起き一家とはちょっと時間がずれていました。
午前中観光をして、12時ごろお昼を食べたいなと思っても、大抵のレストランはまだ開店前。なんとか開いているお店を見つけて、お昼ごはんを済ませ、買い物でもしようかと街に出ると、シエスタでお店は昼休み。夕ごはんもレストランは20時ごろからです。
それでもちゃんとおいしいものは食べてきましたけれどね(^^)。

食べ物の話ばかりでもなんですので、風景も少しだけ。
s夜景.JPG


お日様は低い位置で影が長く伸びてます。
影


ここはコルドバの「花の小道」。ユダヤ人街だったところです。コルドバはセビリアから電車で1時間20分ほど。特級列車に乗れば40分ですが。
s花の小道.JPG


それにしても良く歩いた旅でした。スペインの道は碁盤の目になっていないので、迷うこともしばしば。帰ってからみんな、腿が筋肉痛でした(笑)。下の娘ががんばって歩いたので、えらかったな、と。

スポンサーサイト
  1. 2008/01/08(火) 00:58:51|
  2. スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<冬休みおわりっ! | ホーム | スペイン・アンダルシアはみかんの街>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zondag.blog68.fc2.com/tb.php/532-3d93e152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。