毎日が日曜日

オランダから日本にもどってきました。新しい生活のはじまり。何か面白いことは起こるかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フレンチディナー

夕べは、夫とフレンチレストランに行ってきました。
前から評判が高かったお店、今回のミシュランガイドで一つ星を取ったというので、それは行かなくては!お店の名前のamaroneは干しブドウから作ったワインのことだとか。
080129amarone

こんなふうに外から中が丸見え。中からも外を通る人がよく見えます。
レストランの中では撮っていません。
中はオランダらしく、白と黒と茶を基調としたモダンでシンプルな内装。暖炉に火が燃えていました。暖炉といっても昔ながらの暖炉とは違います。部屋の入口の柱がくりぬいてあって、何気ない様子で火が燃えています。

お料理はいわゆるヌーベルキュイジーヌ。見た目はケーキのように美しく、口の中でさっととけていく細工がたくさんしてあります。それでいて、食べ終わればボリュームもあり、満足。ところが、翌朝は胃のもたれがない、と洗練されています。
驚いたのは、私達は四皿のコースを頼みましたが、最初に出てくるお通しと第一の皿に生の魚が使われていたこと。お通しは(たぶん)マグロのタルタル。第一の皿は、クリームのムースの中にシーバスが入っています。ロッテルダムは昔から魚を食べるので、お客さんも魚に慣れているんでしょうね。
デザートも手作りマカロンなど、かわいらしいものがいっぱい。
どのお皿も、見て良し、食べて良し、素晴らしい出来でした。


子供たちはお友達が預かってくれました。ありがとうヽ(´▽`)/ 。お蔭様でとっても楽しい晩をすごせました。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/29(火) 20:51:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<世界最大の花市場 | ホーム | オランダ的な休日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zondag.blog68.fc2.com/tb.php/554-421ab325
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。