毎日が日曜日

オランダから日本にもどってきました。新しい生活のはじまり。何か面白いことは起こるかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

実は古いぞレギンス

水曜日の夕ごはん
080709

*豚肉とピーマンの中華炒め
*青梗菜とモヤシのゴマたっぷり炒め
*なめこおろし
*わけぎたっぷり冷や奴
*サラダ

昨日の夕ごはん
080710
*アジのタタキ

080710_2

アジの旬ですね。お刺身用が出回ってきたので、ず~っと食べたいなと思っていたタタキを造作ってみることにしました。ママがんばりました(笑)。
三枚に卸すまではなんとかできたのですが、皮をむくのに一苦労。
ええい、ままよ、とカレースプーンを使い、身のほうを皮からこそげたら、かんたんにとれました。その後刻んでしまうので、形が悪くても大丈夫。
残った骨はお味噌汁にして、残さず活用♪

おいしかったです!みんなも大絶賛。こんなに喜んでもらえるなら、また作ろうかな。

*鶏もも肉のオーブン焼き
いつもと別のスーパーマーケットに行ったら、鶏もも肉が安いんです。ラッキーと思って開けてみたら、皮ばっかり。
塩を振って、アミの上に乗せたお肉を180度に熱した8分ほど焼き、切って盛りつければ、ほどよく脂も落ちて、おいしくなりました。

*かぼちゃとブロッコリーのサラダ
*トマトと水菜のサラダ



先日母と一緒にデパートに行ったら、母が
「またスパッツがはやっているのね。」と言うもんですから、
「最近はスパッツとは言わずに、レギンスって呼ぶのよ」と答えながら、思わず笑ってしまいました。
だって「レギンス」こそ古い言葉。
昔の育児書に出てきます。
私は「レギンスって何よ、スパッツでしょ」とつっこみを入れながら読んでいました。

大人のファッション界でスパッツがすたれようと、レギンスがはやろうと関係なく、小さな子どもはスパッツをよくはきます。よちよち歩きの子は、フローリングの床でタイツをはいていると、滑ってあぶないので素足の方がいいのです。
今の育児書では、スパッツを訂正してレギンスになっているかな。

確かにスパッツにせよレギンスにせよ、あの形状からうかぶ日本語は股引ですから、なんとかカタカナを使いたくなるのはわかりますけどね。


レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓

スポンサーサイト

テーマ:ごはん日記(写真付き) - ジャンル:日記

  1. 2008/07/11(金) 08:53:54|
  2. 毎日の夕食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<蚊を察知 | ホーム | 視力回復手術への道>>

コメント

ゾンダッハさんの食卓にはいつもお酒があり、きっと会話も弾むのでしょうね・・・。
我家二人ともあまり飲めないんです・・・

スパッツとレギンスそうですよ股引
でも大阪では、ぱっちというそうですv-411
  1. 2008/07/11(金) 16:48:10 |
  2. URL |
  3. アッキー&ナッキー #-
  4. [ 編集]

うっ、うまそうな料理がずら~り☆
ドイツでは骨なし鶏のモモ肉、あまり売られていないんですよ。
胸肉が主流なんです。

毎日テーブルクロスも食器もメニューによって変えて
いらっしゃるんですね♪
ずぼらな私は、同じのを使いまわししていま~す。(笑)

そうそう股引って言うんですよね。
日本では流行がちょくちょく変わるので、ついていけないわ。


  1. 2008/07/12(土) 04:39:51 |
  2. URL |
  3. きょん #-
  4. [ 編集]

アッキー&ナッキーさん
そうそう、大阪ではぱっちでしたね!
我が家はなるべく飲まないように週2回の休肝日を設けています。ちゃんと守れるようにとブログをつけているんです。

きょんさん
オランダでも胸肉が主流でしたよ。私は、胸のほうが好きです。さっぱりしているから。でも、郷にいれば郷に従えで、だんだん食べるものが変わっていきますね。
  1. 2008/07/12(土) 09:31:17 |
  2. URL |
  3. zondag #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zondag.blog68.fc2.com/tb.php/681-ebbbe8f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。