毎日が日曜日

オランダから日本にもどってきました。新しい生活のはじまり。何か面白いことは起こるかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゆとり教育かあ・・・

昨日の夕ごはん
080901_2
*鶏胸肉のソテー
080901_2
鶏胸肉を塩、オリーブオイル、レモン果汁に漬けておき、フライパンで皮の方から焼いていきます。焦げ目がついたらふたをして、中まで火を通します。

*チンゲンサイとブナしめじの炒め物

*ナスと人参の味噌炒め

*レンコンの炒め煮

*青ウリと大葉のサラダ風漬け物


下の娘が時間割表を持ってきました。
「二学期なって時間割が変わったのよ。さて問題です、何が変わったでしょうか?」
う~ん、国語が増えたとか?
「ちがいま~す。増えたのは体育。ほら運動会があるから」
ああ、なるほどね。
「替わりに減ったのはなんでしょうか?」
え?減ったのがあるの?学活とか?
「それもちがいます!減ったのは算数。」
ええ?まさか。
調べると確かに算数の時間が体育になっています。

さすがゆとり学習。

でも授業の間隔をあけると習ったことを忘れちゃうんじゃないかな。

いえ、体育が大事なのはわかります。私も子どもの体を鍛えようと思って、スイミングレッスンに通わせているくらいですから。低学年のうちは学校で勉強、放課後は運動、と思っていたのは古い考えなんでしょうかね。放課後には勉強させるべきなんでしょうね。

ゆとり教育は再来年くらいから変わるらしいですけど、我が子は今、小学生なんですからね。



レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓





スポンサーサイト

テーマ:ごはん日記(写真付き) - ジャンル:日記

  1. 2008/09/02(火) 15:08:02|
  2. 毎日の夕食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<お魚多めの夕ごはん | ホーム | 秋の味覚>>

コメント

今の授業時数って、年間35秀としてその倍数になっていないんです。
たとえば体育が90時間、音楽が60時間とか・・・
だから、年間を通して決まった時間割にできないので、学期ごとに科目の時間数が変わるのが一般的ですね。
私の元勤務校は、ゆとりのなかに算数を学年解体した習熟度学習取り入れていて効果がありましたが。
  1. 2008/09/02(火) 16:25:30 |
  2. URL |
  3. アッキー&ナッキー #-
  4. [ 編集]

アッキー&ナッキー さま
授業数はそういう仕組みになっていいるのですか。

一年生の一学期は慣れるために、授業もゆっくりだったので、二学期からすこししっかり勉強をはじめるのかと思っていました。
上の娘が海外の日本人学校で一年生のうちからしっかり勉強していたので、もの足りない気がするんです。
  1. 2008/09/04(木) 08:55:15 |
  2. URL |
  3. zondag #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/09/04(木) 09:50:21 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

素敵な食卓♪

最近、こちらのブログに出会いました。
いつも素敵な食卓で、いいなぁ~と思っています。
私は新米主婦。魚をさばくのが苦手です・・。
ゾンダッハさんはお料理上手で、お魚料理もいろいろ作られていて、勉強させてもらっています☆
  1. 2008/09/04(木) 14:05:24 |
  2. URL |
  3. Yuki #-
  4. [ 編集]

Yukiさま
コメントありがとうございます!
新婚さんですね。
お魚をさばくのって難しいですよね。私もず~っと出来ませんでした。でも海外生活でお魚を丸ごと売っているため、仕方なくやるようになりました。日本は三枚に下ろしたものや切り身を売っているので、そういうのをどんどん利用したらいいですよ。秋はお魚おいしいから♪
  1. 2008/09/05(金) 09:28:57 |
  2. URL |
  3. zondag #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zondag.blog68.fc2.com/tb.php/723-80825a2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。