毎日が日曜日

オランダから日本にもどってきました。新しい生活のはじまり。何か面白いことは起こるかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

数の数え方

9.27

9月27日の夕食
*チーズ、セロリ、トマト盛り合わせ

*鶏肉とカラーピーマン、ピーナッツの炒め物
 鶏ムネ肉を一口大に切り、塩、片栗粉をまぶして、炒める。肉に八分通り火が通ったら、カラーピーマンを入れ、更に炒める。
塩とオイスターソースで味を整え、殻をとったピーナッツを入れ、軽く火を通します。
オイスターソースを使うとせっかくのピーマンの色が悪くなるので、控えめにしました。

*ニンジンスープ、レバーペースト入り

*白菜のサワークリーム添え


オランダの小学校(日本では幼稚園)に通う下の娘の、数の数え方がオランダ風になってきました。
指折り数えるときは、日本では「1」は人差し指を立てますよね。
でも彼女は親指を立てます。
2は親指と人差し指。
考えるとその方がロジカル。
でも、彼女は「4のときが難しいのよねー」と言ってます。
4は小指だけを折って、他を立てるから。

ちなみに、人差し指を立てる(日本ふうの1)は、発言したいときです。
オランダ語の一人称(私、僕、英語の「I」)がIkなので「」を形どっているんでしょうか。
それも、真上にピンと立てるのではなく、前のめりになるのがポイント。
発言の意欲を表しているのか、はたまた、「」の文字を体現しているのか。

もう一つ私が慣れないのは×の使い方です。
アンケート用紙に男性・女性とあったら、女性のほうに×をつけなくていけない事には慣れました(私は女性です)。
が、
来週学校で、子供たちが動物園に行きます。
その時私は車で送り、お手伝いをすることを申し出ているのですが、
壁に張り出してあるリストに、
「お手伝い×となっていると、
「あれ、手伝わなくていいの??」と勘違いしてしまいました。
×は、単なる印で、「手伝う」という意味なんですね。
難しい・・

レシピブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです♪
     ↓


スポンサーサイト
  1. 2006/09/28(木) 04:54:37|
  2. 毎日の夕食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マメの底力 | ホーム | 餃子!勢いで食べよう!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zondag.blog68.fc2.com/tb.php/80-3fc0260b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。